女優の岡江久美子さん死去!コロナで死亡の裏には衝撃すぎる事実が!

青空と鳥訃報

女優の岡江久美子さんが、2020年4月23日に新型コロナウイルスによる肺炎でお亡くなりになりました。

岡江さんの所属事務所が発表しました。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

志村けんさんに続いて、芸能界で大活躍された方の訃報にショックを隠し切れません

しかも、志村けんの70歳だって亡くなるにはお若いのに、岡江さんは63歳とまだまだお若すぎる年齢です。

 

なぜ、岡江さんは若くして亡くなられてしまったのでしょうか。

岡江久美子さんについての経歴や病状についてまとめます。

 

スポンサーリンク

「天までとどけ」のドラマからバラエティやCMまで大活躍した女優

岡江久美子さんのプロフィールはこちら

 

本名:大和田 久美子(旧姓:岡江)
生年月日:1956年8月23日(63歳没)
死没地:東京都
身長:156 cm
血液型:AB型

 

夫は俳優の大和田獏、義兄は俳優の大和田伸也、娘は女優の大和田美帆と、まさに俳優一家の大女優さんです

 

芸能界デビューは、1975年の「お美津」での主演です。

1978年から、NHKの人気番組「連想ゲーム」に紅組レギュラー解答者として5年間出演し、そこで大和田獏との共演が結婚のきっかけでした。

 

なんと言っても、薬丸裕英と一緒に「はなまるマーケット」の司会を務めたり、「オールスター感謝祭」での解答者の姿など、世間の知名度や人気は抜群でしたね

 

ドラマでは、1991年から1999年までTBSで放送された「天までとどけ」で、大家族の母親役を演じたのが代表作です。

岡江久美子と言えば、「天までとどけ」のイメージという人はたくさんいるでしょう。

 

「天までとどけ」のキャストの方々の現在についてはこちら

⇒岡江久美子主演の昼ドラマ「天までとどけ」のキャストと現在の活動は?

 

乳がんの手術と放射線治療による免疫力低下が死亡原因?

岡江さんは乳がんで闘病中であり、昨年末に手術をしており、今年の1月末~2月半ばには放射線治療を受けていました。

そのため、がん治療で免疫力が下がっていて新型コロナウイルスが重症化したのではないかと言われています。

 

感染しても無症状の人が多いと言われているコロナですが、高齢の方や免疫力が低下している方は重症化や死につながってしまいやすいんですね。

 

スポンサーリンク

がん治療中でも入院やPCR検査をするまで3日以上も待機する現実

岡江久美子さんの訃報のニュース報道によると、発熱の症状が出たのが今月の4月3日だそうです。

 

その時点では、「4日~5日様子見」と言われていましたが、3日後の6日朝に容態が急変して大学病院に緊急入院しました。

そして、入院してわずか17日後の4月23日に亡くなられたんです。

 

乳がんの闘病中であった立場の岡江さんでも、すぐには検査や入院とはならかったんですね

ICU(集中治療室)で人工呼吸器を装着したのはもちろん、PCR検査を受けられたのも緊急入院の後のことです。

 

がん闘病での治療で免疫力が落ちていたのが死因ではないかと報道されていますが、コロナを発症した当時はすぐに入院や治療ができていなかったんです。

「がん治療で免疫力が低下していたのが死亡原因」と言われていますが、発症してすぐにPCR検査さえ受けられていなかった事実にゾッとしてしまいます。

 

医療崩壊への懸念が叫ばれる中で、がん闘病で免疫力が落ちている人でさえすぐに入院もPCR検査もできないのが現実なんでしょう。

コロナウイルスの収束に向けて、もっともっと感染拡大を防がないといけないと強く感じされられる、とても悲しい訃報です。

 

大和田美帆が自宅待機で死亡した男性の事件で警鐘を鳴らしていた

岡江久美子さんの実の娘さんである、女優の大和田美帆さんは岡江さんのなくなる前日にTwitterでコロナの恐怖について訴えていました。

 

埼玉県で、コロナ発症するも自宅待機となっていた男性が死亡した事件をリツイートする形で、周りに感染させない重要性をツイートしていたんです。

 

おそらく、自分の母親と重なるところがあったんでしょう。

がん治療中であったにもかかわらず様子見となり、発熱から3日後に容体が急変してから緊急入院やPCR検査になった母親と同じものを感じていたんだと思います

 

だからこそ、すぐに検査も治療もせずに亡くなった人のニュースを自分の身近なことのように感じて、ツイートしたんでしょう。

 

岡江久美子さんや志村けんさんなどの方々の死を無駄にしてはいけない

志村けんさんに続いて、芸能界で大活躍されてきた方の訃報に大きなショックを受けています。

それと同時に、がん闘病されている人がコロナ感染の疑いがあってもすぐに入院もPCR検査もせずに待機になっていた事実にショックも大きいです。

 

すぐにPCR検査をして陽性反応を確認して入院できていれば、まだ状況は変わっていた可能性はあります

 

決して他人事ではありません

がん闘病をされている方は、世界中で他にもいらっしゃいますし、がんでなくても大きな病気で闘病中の方々もたくさんいらっしゃるはずです。

 

その人たちがコロナに感染してしまったら、岡江久美子さんと同じように何日も様子見して容態急変まで検査も入院もできずに重症化して亡くなられてしまうのでしょうか?

そんな悲しいことは、もう起きてほしくありませんよね。

 

緊急事態宣言が発令されている真っ最中にこんな悲しい出来事があった今、ますますコロナ感染拡大を防いでいかないといけない強く感じました

不要不急の外出自粛や、3つの密を避ける行動を強く意識していこうと思います。

 

最後に、旦那さんの大和田獏さんと娘さんの大和田美帆さんの公式コメントを引用します。

 岡江久美子が4月23日5時20分に新型コロナによる肺炎の為、永眠いたしました事をご報告いたします。今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他は何も考えられない状態です。どうかそっと送って頂きたいと願っています。

仕事関係者の方々、ファンの皆様、ご友人の皆様、長いお付き合いを感謝致します。また、全力を尽くして治療にあたって頂いた医療関係者の皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました。

皆様、コロナウイルスは大変恐ろしいです。どうかくれぐれもお気をつけください。

大和田獏、大和田美帆

 

志村けんの訃報のニュースでも報道されていましたが、コロナで亡くなった方は感染予防の関係で葬儀ができません。

すぐに火葬場で荼毘にふされてしまい、家族は顔を見ることもできない上に骨を拾うこともできません。

 

家族は、最後のお別れさえできないんです。

こんな悲しい別れ方をしなければならないんです。

 

志村けんさんや岡江久美子さんなど、コロナウイルスでなくなった方々の死を無駄にしてはいけません

新型コロナウイルスの終息に向けて、1人1人の行動がとても重要な意味を持ちます。

 

これ以上悲しいニュースが増えてほしくないと強く感じさせられ、自分自身の行動を深く考えされられました。

 

タイトルとURLをコピーしました