名脇役の斎藤洋介さんが死亡!若い頃からいろんな役をやり遂げた!

カチンコ訃報

数々のテレビドラマや映画作品に出演してきた名脇役の俳優である斎藤洋介さんが、がんによる闘病の末に2020年6月19日に死去されました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

2020年の今年は、渡哲也さんや岸部四郎さんや三浦春馬さん、そして岡江久美子さんや芦名星さんなど有名俳優・女優さんの訃報が続き、本当に悲しいですね。

 

 

斎藤洋介さんは、昔の若い頃から名脇役としていろいろな作品に欠かせない存在でした。

善人から悪役まで幅広く演じてきて、ときには「スマスマ(SMAP×SMAP)」などのバラエティ番組にも出演しておもしろいキャラクターを見せてくれていました。

 

斎藤洋介さんのこれまでのプロフィールや経歴、そして出演作品などをまとめます。

 

スポンサーリンク

斎藤洋介さんは名脇役として多くの作品で幅広い役を演じた

斎藤洋介さんのプロフィールはこちら。

  • 本名:斉藤 洋介
  • 生年月日 1951年7月11日(没年齢:69歳)
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 身長:170cm
  • 血液型:A型
  • 所属事務所: アクトレインクラブ

本名と芸名はほとんど同じですが、「斎」と「斉」の漢字表記が違います。

 

明治大学時代に落語研究会に所属して三宅裕司さんと出会い、卒業後に劇団SETを立ち上げたことが俳優人生への第一歩でした。

 

28歳の1979年に、NHKのテレビドラマ「男たちの旅路」の第4部の「車輪の一歩」でドラマ初出演を果たします。

ドラマ初出演ながら、車椅子の青年役を好演して古尾谷雅人さんなどとともに高評価を得ました。

 

初出演のドラマで難しい役柄を演じて高評価を得るとは、たしかな演技力が若い頃から備わっていたんですね。

 

その後、NHKでは1980年の「獅子の時代」から2010年「龍馬伝」まで複数の大河ドラマに出演。

朝ドラも、「おしん」「とと姉ちゃん」など多くの作品に出演しています。

 

もちろん、その他のNHK・民法のテレビドラマにすごくたくさん脇役で出演されていて、顔を見たことがある人は日本中できっと多いはずです。

 

モアイのような面長の顔がとても特徴的ながら、見た目のほかに演技力がとても素晴らしい俳優さんでした。

 

 

1994年のTBS「人間・失格〜たとえばぼくが死んだら」と日本テレビ「家なき子」では、主人公をいじめる立場の残虐な役柄を好演し、悪役のイメージが強い人も多いでしょう。

「古畑任三郎」では、江口洋介さんとともに犯人グループの一員を演じてたこともありましたね。

 

ただ、悪役を数多く演じても、本来の性格はとても温厚な人です。

1998年のTBSドラマ「聖者の行進」で見られたように、ものすごく心優しい役柄を演じることもあって、いろんな役を幅広く演じられる名俳優さんだったんです。

 

出演作品でも、大河や時代劇はもちろん、「アンナチュラル」などの現代ドラマから「ウルトラマンメビウス」などの特撮シリーズまで幅広く出演されていましたね。

 

斎藤洋介の息子(次男)である斉藤悠も俳優として活動中!

斎藤洋介さんの次男にあたる、息子の斉藤悠(さいとうゆう)さんも俳優として活動中です。

斉藤悠プロフィール

  • 本名:斉藤 悠(同じ)
  • 生年月日:1984年7月20日(36歳)
  • 出身地千葉県松戸市
  • 所属事務所: アクトレインクラブ

17歳の時に「MAJIMAJI」でモデルとしてデビューし、CMや雑誌で活動していました。

その後、俳優としての活動も開始したんです。

 

父親と芸能界デビューの入り方は違っても、現在は父親と同じ俳優として活動しています。

 

テレビドラマでは、「江〜姫たちの戦国〜」や「八重の桜」の大河ドラマから、「相棒」などの現代ドラマまで幅広く出演しているところは父親譲りと言えますね。

ドラマ以外にも、映画や舞台でも活躍中です。

 

2008年に2歳年上のダンサーの女性と結婚しており、現在は妻と長男と暮らしています。

 

スポンサーリンク

晩年は病気のがんとの闘病生活!痩せたと心配されていた!

斎藤洋介さんは、亡くなる数ヶ月前にがんが見つかり、復帰を目指して闘病生活を送っていました。

しかし、俳優の復帰がかなわずにお亡くなりになってしまい、本当に残念でなりません。

 

晩年は、「痩せた」「急激に老けた」「顔が大きく変わった」と視聴者や周囲からかなり心配されていたようです。

今思えば、年齢を重ねたのが原因ではなく、病気の影響での激ヤセだったのかもしれません。

 

斎藤洋介さんは死んだ後も名脇役として記憶に残る名俳優


死去された名俳優・斎藤洋介さんについてまとめました。

 

数々のドラマや映画で名脇役として欠かせない存在であり、その演技力はとても素晴らしい俳優さんでした。

映画やドラマでは悪役から善人まで違和感なく演じて、バラエティ番組ではひょうひょうとしたキャラクターでおもしろくて大人気でした。

 

これだけの名俳優さんが亡くなってしまったことはとても残念でなりません。

でも、今後も名脇役としてたくさんの出演作品と人々の記憶の中に残り続けるでしょう。

 

間違いなく、日本のたくさんの映像作品を支えてくれた俳優さんです。

ご冥福をお祈りいたします。

 

タイトルとURLをコピーしました