イソジンはうがい薬も歌の歌詞も昔と変わった!CMソングの歌手は誰?

うがい薬日常生活

うがい薬と聞いて、まっさきに思い浮かべるのが「イソジン」という人は多いでしょう。

テレビCMでキャラクターのカバくんがうがいをするシーンは、あまりにも有名すぎますね

 

昔からいろんな家庭の洗面所で大活躍してきたうがい薬「イソジン」は、2020年には有効成分がコロナウイルスに効果があるというニュースが流れたことでも話題になりましたね。

大阪府の吉村知事が、会見でうがい薬でのうがいを推奨したからです。

 

そんなイソジンですが、カバくんとともに流れるあの楽しいCMソングはいったい誰が歌っているのでしょうか?

そして、ビックリなことに昔と歌詞が変わっていたことをあなたは知っていましたか?

 

イソジンそのものに大きな出来事と変化があって、それにともなってテーマ曲の歌詞にも変化があったんです

イソジンについて、そしてあの有名なCMの歌について詳しくまとめます。

 

スポンサーリンク

イソジンはポビドンヨードを含んだロングセラーのうがい薬

イソジンは、1961年に日本で最初のポピドンヨード製剤として、明治製菓が製造販売承認を取得したうがい薬です。

なんと、50年以上も昔に発売されたという長い歴史があるんですね

 

イソジンに含まれる有効成分の「ポピドンヨード」は、ポリビニルピロリドンとヨウ素の複合体である医薬品(ヨウ素剤)です。

消毒薬や殺菌剤として使われます。

 

ポピドンヨードは殺菌力の高さと人体への刺激や毒性の低さが評価されている成分で、これを日本で初めて使ったうがい薬が「イソジン」になります

 

半世紀以上も日本の家庭で活躍し続けてきたうがい薬って、イソジンのほかにないんじゃないでしょうか。

こんなに長く愛され続けてきたうがい薬なので、テレビCMで流れるテーマ曲も長く愛されているんですね。

 

カバくんが登場する有名CMソングを歌う歌手はやまがたすみこ


「ただいまのあとは~」で始まるイソジンのCMソング。

この超有名なCMソングを歌っている人は、やまがたすみこさんです

 

ほかの人が歌っているバージョンもありますが、やまがたさんの声で歌われているのが最もなじみがあります。

 

やまがたすみこはCMソングをたくさん歌っているシンガーソングライター

やまがたすみこさんのプロフィールはこちら

  • 本名:山県寿美子(やまがたすみこ)
  • 生年月日:1956年10月11日
  • 出身地:東京都北区
  • 学歴:上野学園高等学校卒業

1973年2月10日に「風に吹かれて行こう」のレコードを発売して歌手デビューしました。

その後、1978年に結婚するまでレコードを12枚出しています。

 

ほかにもアルバムを10枚以上も発売していて、アルバムのいくつかにはイソジンの歌がちゃんと収録されています。

 

フォークソングだけでなく、CMソングもたくさん歌ってきたシンガーソングライターの人なんです。

 

CMソングの元歌となった歌のタイトルは「ただいまのあとは」

やまがたすみこさんが歌った、イソジンのCMソングの元歌になった曲の曲名は「ただいまのあとは」です

 

「ただいまのあとは」のフルバージョンがこちらです。

歌い出しなどの部分は、初めて聞く人が多いでしょう。

でも、サビの部分に来ると「ああ~!」「おお~!」ってなりますよ。

 

「ただいまのあとは」の歌はあくまでも元歌なので、CMに流れる歌と違って「イソジン」という言葉は出てきません

「ガラガライソジンジン」ではなく、「ガラガラすぐうがい」と歌われています。

 

スポンサーリンク

CMソングの歌詞が変わった?明治はイソジンを販売終了した!

やまがたすみこさんの「ただいまのあとは」をもとにした、あのイソジンの有名CMソングは2016年に歌詞が変わっていたんです。

 

2016年以前のCM動画とCMソングがこちら。

 

そして、現在に歌われているバージョンがこちらです。

 

それぞれ聞いて歌詞を比較してみると、サビの部分の歌詞が変わっていることがわかりますね

なぜ、今のテーマソングは以前のものと歌詞が違うんでしょうか?

 

「イソジン」ではなく「明治うがい薬」に変更!ほかの歌詞も変わっている

まず、歌詞の中に「イソジン」という言葉がいっさい出てこなくなっています。

ガラガライソジンジン」の歌詞が「明治うがい薬」となっているんです

 

その理由は、現在は商品名そのものが「イソジン」ではなく「明治うがい薬」と変わったからなんです。

なので、商品パッケージにも「イソジン」ではなく「明治うがい薬」と書かれています。

 

製造販売権がオランダのムンディファーマ社へ移管されたことにより、明治ホールディングス傘下のMeiji Seikaファルマが、2016年3月にイソジンを手放したんです

そのため、現在は「イソジン」ではなく「明治うがい薬」という違う名称のうがい薬が製造販売されているんです。

 

ほかにも、細かいところで「ただいまのあとはガラガラジンジン」が「ただいまのあとはガラガラして」と歌詞が変わっています。

 

カバくんのキャラクターはそのまま!テーマ曲もメロディーは同じ!

明治のうがい薬の商品そのものが「イソジン」ではなく、「明治うがい薬」と変わりました。

 

しかし、明治うがい薬にも有効成分のポピドンヨードは入っていますし、キャラクターのカバくんも明治に残ってそのままなんです

ですから、CMにカバくんは登場するものの、テーマソングの歌詞が変わっているわけなんです。

 

ただいまのあとはガラガラして明治うがい薬」というフレーズの歌詞が、今後はおなじみになっていくんでしょうか。

歌詞は変わってもメロディーは全く同じなので、すぐに馴染んでおなじみになるかもしれませんね。

 

ちなみに、現在は明治に変わって塩野義製薬の子会社・シオノギヘルスケアが国内販売を引き継いでいます。

シオノギヘルスケアがもしイソジンのテレビCMをしたら、「イソジン」という歌詞が入ったCMソングが流れて、明治と塩野義でちょっとわかりにくくなるかもしれませんね。

 

CMソングは、歌詞が変わってもカバくんと一緒に歌われ続ける

うがい薬イソジンについて、そして懐かしの有名なCMソングについてまとめました。

 

2016年から「明治うがい薬」となり、CMソングの歌詞も変わりました

でも、メロディーは変わりませんし、キャラクターのカバくんも変わりません。

 

今後もおなじみのメロディーのCMソング・テーマ曲として歌われ続けていくでしょう

「ただいまのあとは♪」は、今後もずっと親しまれる歌詞のフレーズです。

 

イソジンだった時代と同じように、うがい薬もCMソングもずっと愛され続けるといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました