【TOEIC600点】たった1ヶ月で達成できる!参考書や教材おすすめは?

英語

TOEICを短期間で集中的に勉強したい。

たった1ヶ月で600点って達成できる?

おすすめの参考書や教材、勉強方法ってある?

 

なるべく短い期間でTOEICの勉強を終わらせたいケースも多いです。

TOEICのテストまであまり時間がないとか、履歴書に書くために次のテストで達成しないと困るとか、いろいろ理由があります。

 

そこで、TOEICで600点を1ヶ月の勉強で達成するためのコツや勉強方法をまとめます。

1ヶ月の短期間で達成するのは簡単なことではないですが、正しい方向に向かうことが可能性を高める第一歩になりますよ。

 

スポンサーリンク

TOEIC600点のレベルは?大学生や社会人で普通に達成できる?

TOEIC600点は、どのくらいのレベルなのでしょうか。

 

600点はTOEICでは平均点か少し下のレベルです。

以前は580点くらいが平均点でしたが、今は610~620点くらいまで平均点が上がってきています。

 

そのため、昔は平均以上と言えた600点は今では「ほぼ平均」と言えます。

 

ただ、TOEIC600点は学校では高校卒業レベルで、大学ではMARCH(東京都の私立大学)のレベルとされています

就活・転職活動や昇進でも、履歴書や経歴に書いてアピールできる最低ラインが600点です。

 

平均点くらいと言っても、あなどれない英語レベルです。

>>TOEIC600点はすごいレベル?大学生や社会人で使えるか解説

 

TOEICで600点を取るために必要な勉強時間はどれくらい?

TOEICで600点を目指すためには、どれくらいの勉強時間が必要なのでしょうか?

一般的に、500点台からは250時間、400点台からは450時間の勉強が必要とされています。

>>TOEICで600点が取れない!勉強時間はどれくらい必要?

 

もし450時間が必要として、30日で割ると1日平均15時間も英語を勉強しないといけない計算になります。

これって、正直に言うと不可能ですよね。

 

でも、実際はこれだけの勉強時間をかける必要はありせん。

この勉強時間は一般的な目安であり、短期対策の勉強方法だともっと少ない時間で効率よく勉強できるからです。

 

TOEIC600点を1ヶ月で目指すには勉強時間より勉強方法が大事

TOEIC600点を1ヶ月で目指すには、TOEIC対策を意識した勉強方法が不可欠です。

 

正面からぶつかっていく勉強方法では、1日に15時間もの勉強時間を取らないといけないかもしれなくなります。

たった1ヶ月間を、正攻法で突破しようとして挫折したり失敗したりしてしまうのはおすすめできません。

 

TOEICで600点を取るには、7割正解(6割ではない)を目指せばOKです。

全問正解を目指す必要は全くないので、目標のスコアに合った勉強法と対策をしていきましょう。

>>【衝撃】TOEICで600点を取れる正答率は?6割じゃ届かない事実!

 

TOEIC600点を1ヶ月で取るには単語とリスニングに集中しよう!

TOEIC600点を1ヶ月という短い期間で達成するには、単語とリスニングに集中するのがおすすめ。

その理由と対策についてくわしくまとめます。

 

単語力でリーディングもカバーできる。TOEIC対策の単語帳を使おう

単語がわからなければ、リーディングも厳しくなります。

逆に、TOEICで頻出の英単語をきっちり対策するだけで、スコアがグ~ンとアップしますよ。

 

TOEICで900点以上を狙うとかだと、リーディングに特化した勉強法も必要になってきます。

でも、600点なら単語がわかればなんとかなってくるものです。

 

もちろん、勉強に使う教材はTOEIC対策用の単語帳をつかいましょう。

リスニング対策で外国人の話す英語を聴く習慣をつけよう

リスニングの勉強は、何と言っても英語に耳を慣らしておくことが大事です。

公式問題集で、本番と同様の英語を何度も聴いておくのもいいですし、オンライン英会話で自然な英語を聴くのもいいですね。

 

オンライン英会話には、TOEIC対策コースが用意されているところもあり、効率的にTOEICのリスニング対策ができますよ。

 

ネイティブキャンプには「TOEIC600点対策コース」とドンピシャのコースがあり、しかもレッスンが毎日受け放題です。

短期間でのTOEIC600点対策に、ピッタリすぎるオンライン英会話ですね。

>>TOEICの対策ならお任せ!

スマホアプリで毎日の英語学習を習慣化しよう

短い期間で英語学習の効果をあげるのであれば、毎日の英語の勉強は欠かせません。

英語学習を習慣化することが、なによりも重要です。

 

いくら効率が良くて効果の高い勉強方法でも、続けなくては意味がありませんからね。

 

英語学習のスマホアプリなら、外出時のちょっとした待ち時間でも英語の勉強ができます。

自宅でも、リビングにいるときのスキマ時間を有効活用できるんですよ。

 

TOEIC対策コースが用意されている、数少ない有名スマホアプリと言えば「スタサプ」こと「スタディサプリ」ですね。

 

スマホアプリで手軽なのに、短期間でのスコアアップを目指すことができちゃいますよ。

リスニングや文法まで、スマホアプリでいつでも英語学習ができるのがうれしいですね。

>>TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH

 

TOEIC600点を1ヶ月で達成にはすぐ始めることが一番大事!

TOEIC600点を1ヶ月で目指す勉強法や教材についてまとめました。

 

たった1ヶ月という短い時間で目標を達成するのに、あなたはとても厳しく思うかもしれませんが、TOEIC600点なら十分に可能な目標です。

中学・高校で英語を勉強してきていれば、ちょっと勉強をし直すだけでもいろいろ思い出されてスコアアップできますよ。

 

何より大切なことは、残された時間をムダにしないことです。

TOEIC対策を早く始めれば、それだけたくさんの時間を勉強に使えます。

 

残された時間が1ヶ月なら、その残り1ヶ月の貴重な時間をフルに使うべきです。

勉強を始めないままでは、貴重な時間がどんどんなくなっていきますよ。

 

残された時間を有効にそして効率的に使って、TOEIC600点の目標を達成してください。

 

タイトルとURLをコピーしました