【カランメソッド】初心者はついていけない?挫折を避ける3つのコツ

なぜなのか英語

英語の勉強法でカランメソッドってどうなの?

初心者にはやっぱり難しいのかな・・・

そもそも、効果ってあるの?

こんな疑問と悩みに応えるべく、英語の学習方法「カランメソッド」について詳細や効果についてまとめます。

カランメソッドを始めてみたい人や興味がある人は、ぜひ読んでほしい内容です。

 

スポンサーリンク

カランメソッドとはどんな英語学習の方法なのか?

カランメソッド(callan method)とは、1960年代にロビン・カラン氏によって開発された英語学習法です。

 

母国語を全く使わない英語を英語のまま理解する反復学習によって、通常のおよそ4倍の速さで英語が身につくという勉強法です。

現在では、世界40ヶ国以上で導入されています。

 

講師が英語でやや早口で質問してくることに、英語ですぐ答えるトレーニングが主体です。

 

英語を聞いて、英語ですぐ答えることを繰り返し反復学習するので、リスニングとスピーキングの向上に効果があります。

また、文法や発音を矯正できるとともに、すべてを英語で考える英語脳を鍛えられます。

 

講師の質問に答える学習法なので、独学や1人で勉強することはできません。

英語塾やオンライン英会話など、なんらかのスクールを利用しないとできない英語学習なんです。

 

カランメソッドの3つのデメリット

通常のおよそ4倍の速さで英語が身につく勉強法と聞くと、すぐにでも始めてみたいと思うかもしれません。

ただ、カランメソッドにはデメリットもあります。

 

カランメソッドのデメリットは以下になります。

  • カランメソッドを教えられる講師から学ぶ必要がある
  • 実践的じゃない文章もある
  • レッスンの頻度が少ないと効果が出にくい

 

1つ1つ詳しく解説します。

 

カランメソッドを教えられる講師から学ぶ必要がある

カランメソッドで英語を学ぶには、カランメソッドで英語を教えることができる講師を探さないといけません。

相手がいないとカランメソッドは成立せず、自分1人だけではカランメソッドで英語を勉強することはできないからです。

 

しかも、カランメソッドは文法や発音のミスを講師が即訂正するなどの特別な学習スタイルのため、誰でも教えられるわけではないんです。

カランメソッドを教えることができるプロ講師がいる、正式な認定校であるスクールを選ぶ必要があります。

 

スクール選びが面倒だったり、スクールの選択肢が少なくなってしまうのがデメリットです。

 

実践的じゃない文章もある

カランメソッドは、先生・講師の早口での質問にすぐ答えることで、英語脳を鍛えて瞬発的に英語を聞き取って話すレッスンになります。

例文や回答の中身がコミュニケーションのための内容ではなく、英会話のコミュニケーションの実践にそのまま使えないセンテンスも珍しくありません。

 

あくまで、日常で使う例文を学ぶのではなく、英語への反応や思考回路を鍛えるための方法がカランメソッドだと理解してください。

 

レッスンの頻度が少ないと効果が出にくい

英語脳を鍛えられて、通常のおよそ4倍で英語を習得できると言われているカランメソッドでも、レッスン回数や頻度が少なくては効果なしです。

どんな勉強でも、頻度が少ないと効果が出ないのは同じですが、短期集中型と言えるカランメソッドでは特にレッスン頻度が重要になってきます。

 

さすがに毎日必ずレッスンするというのは厳しいでしょうが、せめて2日に1回くらいの頻度でレッスンを受けたいですね。

2日に1回のレッスン時間が必ず取れない人というは、カランメソッドの効果がなかなか出ないかもしれません。

 

カランメソッドの5つのメリット!英語スキル以外もアップする!

元気な女性

カランメソッドの大きなメリットは以下になります。

  • 短い期間で効果を出せる
  • TOEICなどの資格試験に活かすことができる
  • 正しい発音と文法を学ぶことができる
  • 英会話の瞬発力をつけられる
  • コミュニケーションスキルがアップする

 

1つ1つ詳しく解説します。

 

短い期間で結果を出せる

カランメソッドは、講師が早口で質問したことにすぐ英語のセンテンスで答えるレッスンを繰り返します。

集中して英語に向かうので、およそ4倍で英語を習得できると言われ、短い期間で効果が出ます。

 

なるべく早く、できるだけ短い期間で英語スキルを上げたい人におすすめです。

 

TOEICなどの資格試験に活かすことができる

短い期間で効果を出して、英語スキルをアップさせることが可能なので、英語の資格試験の対策にピッタリです。

試験日までにあまり時間がないという場合でも、カランメソッドで短期集中で対策してスコアアップさせることができます。

 

実際、カランメソッド認定校となっているQQEnglishによると、カランメソッドを3ヶ月受けた21人の大学生が平均110点もTOEICスコアがアップしました。

21人全員がスコアアップを実現でき、最高ではなんと250点もアップしたんだとか。

 

TOEICなどの英語の資格試験を控えていて、テスト日までの短期間でスコアアップさせたい人にはピッタリの勉強方法ですね。

リスニング対策になるのはもちろん、英語脳を鍛えることでリーディングのスコアアップにもなりますよ。

 

正しい発音と文法を学ぶことができる

カランメソッドでは、英語講師からの質問を聞き取り、英語のセンテンスですぐに答える形式です。

英語で答えると、講師が発音や文法の間違いを即訂正して教えてくれます。

 

これを繰り返すことで、正しい発音と文法をしっかり学ぶことができるんです。

正しい発音を学ぶことでスピーキングとリスニングのスキルも鍛えられますし、文法を学べばリーディングのスキルがアップします。

 

さきほど述べたTOEICの対策はもちろん、ビジネスの場での英語スキルにも効果があります。

 

英会話の瞬発力をつけられる

カランメソッドでは、講師の質問にすぐ英語で答えることで、英会話の瞬発力も鍛えられます。

 

英語で聞かれたときに、つまってしまったり何を言えばいいかわからなかったりすることが多い人にピッタリの勉強法です。

だんだん、英語でやり取りすることに怖さがなくなっていきますよ。

 

英語の面接試験や、英語でのリモート会議などにも効果があります。

 

コミュニケーションスキルがアップする

講師の人とのカランメソッドのレッスンでやり取りを繰り返していくうちに、英語だけでなくコミュニケーションそのもののスキルもアップします。

 

人とのコミュニケーションに苦手意識がなくなっていき、普段の会話の怖さも減っていきますよ。

小さい子供や恥ずかしがりやの人にもおすすめです。

 

カランメソッドは挫折しやすい?効果なしにしない3つのコツ

頭を抱える男性

カランメソッドは、短期集中型の英語学習方法であり、通常のおよそ4倍もの速さで英語を身につけられると言われています。

でも、内容が濃すぎて初心者には難しいだろうし、挫折しやすいのでは・・・

こんな疑問が出るのも当然です。

 

初心者はついていけないで挫折しそう・・・

めちゃくちゃ大変で疲れてしまいそう・・・

そもそも英語に自信ないのに、続けられるか自信ない・・・

 

そんな不安があるのなら、挫折しにくいやり方を選べばいいんです。

  • 負担の少ないオンライン英会話で始めてみる
  • 「最初はできなくて当然」と考える
  • 「合わなかったらやめてもいい」と思っておく

 

とても大切なことなので、1つ1つ解説します。

 

負担の少ないオンライン英会話で始めてみる

中身の濃い短期集中型の学習方法であるカランメソッドを始めるわけですから、レッスン以外での負担をなるべく減らすことが重要です。

そのため、教室にわざわざ行く必要がなく、いつでもどこでもレッスンを受けられるオンライン英会話で始めるのがおすすめです。

 

自宅で好きな時間にレッスンができるので、移動などの負担がなくカランメソッドに集中できて効果を出しやすくなります。

 

「最初はできなくて当然」と考える

カランメソッドは、英語講師が早口でしてくる英語の質問にすぐ英語で答えるスタイルです。

かなり難しい内容であることは間違いないです。

 

そのため、うまく答えられなくて落ち込むこともあるでしょうけど、気にする必要はありません。

「最初はできなくてもいい」くらいの気持ちで始めて全然OKです。

 

間違っていても、先生がすぐに訂正して教えてくれますし、そもそもそのトライ&エラーの繰り返しで英語ができるようになるのがカランメソッドなんです。

カランメソッドは、答えられなかったり訂正されたりするのが当たり前で、それがあるからこそ英語スキルがアップさせられる英語の勉強法なんです。

 

間違えること自体に罪悪感や挫折感を感じる必要は一切ありません。

 

ただ、せっかくのあなたのトライ&エラーをムダにしないために、カランメソッドの正式認定校でレッスンを受けることをおすすめします。

 

日本には、カランメソッドの正式認定校はとても少なく、特にオンライン英会話だと認定校は数えるほどしかありません。

QQEnglishなど、きちんと正式認定を受けているスクールでカランメソッドを受講するようにしてください。

 

 

「合わなかったらやめてもいい」と思っておく

「カランメソッドは、最初はできなくても当然」とは言え、どうしても合わないとかうまくできないなどのケースはあります。

そんなときは、「無理し過ぎずにやめてもいい」と考えてもいいんです。

 

「仕事の昇進の関係で、次のTOEICでどうしてもスコアアップしないといけない」などの理由がある場合は、少しはがんばって続ける努力が必要になってきます。

でも、そこまで無理しないといけない理由がないのなら、カランメソッドだけにこだわる必要はありません。

 

英語の勉強方法は、カランメソッド以外にもたくさんありますし、合わないやり方を無理に続けてもかえって英語嫌いになるなどデメリットのほうが大きいですよ。

まずは負担の少ないオンライン英会話でカランメソッドを始めてみて、どうしても合わないのならそのままオンライン英会話の違うコースに変更すればいいんです。

 

「一度始めたら、何が何でも継続して結果を出さないといけない」と、硬く考えすぎないでください。

まずは、あなた自身に合っているのかどうかを試してみるくらいの考え方でもいいでしょう。

 

カランメソッドも英語の勉強法の1つ!無料で気軽にためしてみよう!

ひらめき

英語のカランメソッドについて解説しました。

カランメソッドのデメリット

  • カランメソッドを教えられる講師から学ぶ必要がある
  • 実践的じゃない文章もある
  • レッスンの頻度が少ないと効果が出にくい

カランメソッドのメリット

  • 短い期間で効果を出せる
  • TOEICなどの資格試験に活かすことができる
  • 正しい発音と文法を学ぶことができる
  • 英会話の瞬発力をつけられる
  • コミュニケーションスキルがアップする

カランメソッドは、しっかりしたスクールと講師を選ばないといけませんが、その分メリットも大きく、効果が出せれば通常のおよそ4倍で英語を習得できます。

さらに、英語スキル以外にも日常のコミュニケーションスキルなどもアップする期待が持てます。

 

初心者はついていけないで挫折しちゃうんじゃないか・・・と不安な気持があるかもしれませんが、硬く考えずに気楽に試していいんですよ。

もし、合わなくても別の学習方法がいくらでもありますし、カランメソッドに固執しすぎなくて大丈夫です。

 

カランメソッドに興味があるのなら、ためしに無料体験で体験してみるのもおすすめ。

 

たとえば、カランメソッドの正式認定校となっているQQEnglishでは、無料おためし体験を2回も受講できます。

無料おためしでもカランメソッドを選べるので、カランメソッドってどんな感じなのかを無料で体験してみましょう。

本当にカランメソッドを受講するのかを決めるのは、それからでも決して遅くありませんよ。

>>正式認定校のカランメソッドを無料で体験してみる

タイトルとURLをコピーしました