【英語の必要性を感じない人は必見】データでわかる英語の必要性

勉強するJK英語

「英語はできたほうがいいのではないか」

「英語を勉強してみようかな」

こう思っている日本人はとてもたくさんいます。

 

しかし、その一方で日本人には英語を話せない人が圧倒的です。

学校の義務教育で何年間もかけて学んできているのに、英語は日本語より構造があきらかに易しいと言われている言語なのに、日本人は英語が苦手です。

 

英語ができない理由は1つだけではありませんが、大きな理由としては「英語をマスターする必要性を感じない」からです

 

英語ができるようにならなくても、とりあえず生活には困らないし、仕事をクビになるわけでもない

だから、「英語を勉強してみようかなぁ」と心のどこかで思ってはいても、実行に移すまではいかないのでしょう。

 

しかし、英語の必要性がないということは100%ありません。

むしろ、今後の時代はもっともっと英語の必要性が拡大していくことでしょう

 

英語の必要性が拡大していく大きな理由と根拠を、データとともにお話しします

これを読めば、あなたも英語の必要性を感じられるようになり、英語を学ぶ意欲が出てくることでしょう。

 

英語の必要性の理由をちょっとでも知りたいのなら、このまま読み進んでみてください。

 

スポンサーリンク

英語を勉強する必要性が感じられない3つの原因

外国人女性

日常で英語を勉強する必要性を感じないのは、どんな理由があるからなんでしょうか?

よくある理由を3つまとめます。

 

あなたにあてはまる理由もきっとあるはずです。

 

①英語ができなくても何の不自由もなく生活できるから

最も大きな理由と言えるのがこれでしょう。

 

「必要性」と簡単に言いますが、必要性は「今すぐに必要があるかどうか」と言い換えることもできます。

なので、今の生活にすぐに必要でなければ必要性を感じないことになってしまいます。

  • 今の生活で英語を使う場面が全くない
  • 英語を使わない毎日でも普通に生きていける
  • この先も英語を使わないといけない状況が来る予定がない

 

これでは、英語の必要性を感じられないのもある意味しかたのないことだと言えるかもしれません。

学校と違って、社会人は英語のテストがあるわけでもないので、必要性に迫られることがないんですね。

 

②自分の周りに英語ができる人がいないから

あなたの周囲には、英語がペラペラの人が何人くらいいますか?

人や環境にもよりますが、ほとんどの人が「いない」もしくは「1人くらい」と答えるのではないでしょうか?

 

人間は周りに大きく影響されやすいので、自分の身近に英語が話せる人がほとんどいない環境では英語の必要性を感じられなくなってしまいます

そもそも、英語を話さない人たちと日々過ごしているわけですからね。

 

③AIや翻訳機の性能がものすごく上がっているから

現在は、AIや音声読み取りの技術がものすごく発達してきています。

「ポケトーク」などに代表される、自動翻訳機の性能は目を見張るものがあります。

 

言葉を普通にしゃべるだけで、翻訳機がすぐに別の言語に翻訳してくれる。

とても便利な時代になったものですが、こういう便利な機械があることを知ってしまうことで、「自分には、英語を話す必要性や役割はない」と思いがちになります

 

必要性のほかに、使命感までもなくなってしまう原因ですね。

 

日本人が英語を学ぶ必要性がある5つの理由

なぜなのか

日常生活の中で、日本人が英語を勉強する必要性をほとんど感じられない環境であることがわかりました。

では、仕事関係などで英語が必要な一部の人を除いて、日本人は英語を勉強する必要性は本当にないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

日本の現状のデータや今後の見通しを考えると、これから英語を学ぶ必要性はますます増えてくると考えられます

 

①日本人の英語力はアジア圏の国の中で最低レベル

現在の日本人は、ほとんどの人が英語をしっかり話したり聴いたり書いたりすることができないです。

そんな日本人の英語力は、やっぱりというか世界ランキングでは下の順位なんです。

 

スウェーデンの世界最大級の語学学校であるEF Education Firstの公式サイトで、発表されたデータがあります。

2020年のデータによると、主要100か国のうち日本の英語力の順位は55位となりました

 

「100か国中55位というのは真ん中よりちょっと下なので、平均的でそこまでひどくはないのでは?」とあなたは思うかもしれません。

しかし、この55位という順位には「Low」という評価をつけられており、さらに言うとアジア圏内では最下位という不名誉なデータになっているんです

 

中国(38位)、韓国(32位)などの近国と比較しても、日本人の英語力はかなり低いというデータなんです。

 

②世界の人口の25%もの人が英語を話している

全世界の人口は現在およそ70億人ですが、そのうちの17.5億人が英語を話すというデータがあります。

世界の人のおよそ25%、実に4分の1の人が英語を話せるんです

 

しかも驚くことに、このうい英語のネイティブ人口はたったの4億人ほどというデータがあります。

つまり、英語を話す17.5億人のうち、アメリカ人やイギリス人などのネイティブな人よりも、それ以外の国や地域に住む人のほうが多いということなんですね

 

英語が母国語や第一公用語でなくても、英語を話せるようにしている人のほうが圧倒的に多いという事実があるんです。

それくらい、英語は世界で必要な言語としての位置づけになっています。

 

③情報化社会で英語の情報に触れることが増えてきている

現代は、TwitterなどのSNSが主流の情報化社会と言われています。

世界の25%の人が英語を話す中で、SNSなどの投稿も英語でのものが圧倒的に多いですね。

 

英語を話す人は17.5億人いるというデータをお話ししましたが、インターネットで英語を使って発信している人は10億人以上いると言われています

情報化社会の現代では、あふれている情報の多くも英語での発信なんです。

 

英語がわかるようになれば、得られる情報量ももちろん格段に増えます

情報があふれる現代においては、英語からも情報を得て正しい情報を得られるようにならないと、フェイクニュースなどに振り回されてしまうリスクがあります。

 

④インターネット上で英語でコミュニケーションする時代になっている

英語によるインターネットでの情報があふれる現代では、インターネット上で英語でやり取りする機会も増えています。

ツイッターのリプ(返信)もそうですし、インスタグラムでも海外から英語でコメントがもらえる時代です。

 

日本にいながら、インターネットやSNSで英語を使ってコミュニケーションを取ることがどんどん当たり前の日常になりつつあります

昔は、現地に行かないと英語が目や耳に入って来るなんてなかったですが、今はスマホをちょっと開けばそこに英語がある日常にすでに変わっているんです。

 

⑤コロナ禍を迎え、ますます英語でのコミュニケーションが重要になる

2020年から世界中がコロナ禍になり、世界の多くの国でロックダウンや外出自粛が起こり、海外渡航がなくなる事態となりましたね。

コロナウイルス大流行の緊急事態の中、テレワークやリモートが急速に普及しました

 

コロナ禍によって普及したリモートですが、遅かれ早かれこういう時代に変化していっただろうという説もあります。

コロナ禍がおさまってもテレワークは珍しいことではなくなるし、海外とインターネットを通じて仕事やコミュニケーションをするのは普通であり続けるでしょう

 

「日本にいるから英語は必要ない」なんて通用しなくなってきているんです。

 

スポンサーリンク

英語学習の必要性はあると思っても、感じられない状況がリスク

考える女性

英語を勉強する必要性について、データなどとともにまとめました。

 

データや現在の世界の情勢を見ると、英語を学ぶ必要性はあるということはわかったはずです。

しかし、英語の必要性があることはわかっても、実感としてどうしても感じられないことが英語に興味を持てない大きな原因やリスクとなっています

 

英語を学んだほうがいいと頭ではなんとなくわかっていても、必要性を感じることがなければ、どうしても面倒で始めたがらないものです。

だから、日本人で英語がしっかりできるようになる人はかなり少ないんですね。

 

英語の初心者におすすめの英語学習の方法3選

英語の必要性が感じられない日本ではありますが、それでも英語を勉強する必要性がないことはありません。

「英語の勉強を始めよう!」と言いたいところですが、必要性が感じられないまま始めてもなかなか続かずにすぐ挫折してしまいやすいです

 

そこで、英語初心者でもハードルが低くて始めやすい勉強方法を3つまとめます。

 

受験勉強のようなガチガチの勉強スタイルではないので、あなたの自宅の空いた時間に好きなペースで続けることができますよ。

 

①海外ドラマや映画を見て英語を勉強する

初心者でも入りやすい勉強法は、海外ドラマや映画を見て学ぶやり方です。

 

名作の映像作品を楽しく見ながら勉強できるので、英語の初心者でも続けやすいです

特に、普段から海外ドラマや洋画をよく見るという人にはピッタリでしょう。

 

海外ドラマを使った効果的な勉強方法は、「海外ドラマを使う英語学習のやり方!効果が出やすい方法とコツまとめ!」を参考にしてください。

 

②英語学習のスマホアプリを使う

英語学習のためのスマホアプリもたくさん出ています。

アプリを使えば、自宅はもちろん通勤時間でもスマホ1つで英語の勉強ができますよ

 

スマホにインストールするだけなので、わざわざ買いに行く必要もないですし、無料のアプリもあるので手軽に始めることができます。

初心者にもおすすめの英語学習アプリは、「英語の勉強で初心者にもおすすめアプリ5選!無料でも始められる!」を参考にしてください。

 

③オンライン英会話で自宅で英語学習をする

初心者にはちょっとハードルが高めかもしれませんが、思い切ってオンライン英会話で勉強を始めるのもいいでしょう。

自宅でできるので仕事前や仕事後にもできますし、パソコンでなくスマホでも簡単に受講できます。

 

24時間レッスンなら時間帯も自由に選べるので、朝型でも夜型でも安心して勉強できますよ。

 

1ヶ月の料金が高いイメージがあるかもしれませんが、意外と1万円しないで5000円前後で受けられるところも多いです

社会人になって金銭に余裕が出てきて、さらに英語の勉強に興味が出てきた人にはピッタリですね。

 

無料で体験レッスンを受けられるところもあるので、まずは無料で試してみてから受講することも可能ですよ。

 

英語の勉強は「絶対に必要不可欠」と今後の時代も言われ続ける

英語を勉強する必要性についてまとめました。

  • 日本の英語力は、100ヶ国中55位(2020年)という低いランキング
  • 全世界の25%の人が英語を話しているという事実
  • 情報化社会の現代、インターネットでは10億人が英語で発信している
  • 世界のどこにいても、インターネットを通じて英語でやり取りする時代
  • コロナ禍となり、ますます英語でのリモートが加速していくと言われている

 

 

日本にずっと住み続けて生活し続けていると、英語の必要性をどうしても感じにくくなります。

しかし、情報化社会やグローバル化が進む現代の世界では、確実に英語を使う場面が昔より増えてきているんです。

 

2020年からは小学校高学年での英語教育が必修化となり、小学校3年生からは外国語活動も始まっています

日本でも、英語が必要とされる考え方がどんどん強くなってきているんです。

 

今後も、英語の必要性はなくならないどころか、もっともっと強く必要性を言われるようになっていくでしょう。

 

英語の必要性を感じないというだけで片付けてしまわずに、少し英語に興味を持ってみてはどうでしょうか?

それだけで、世界が大きく変わってきますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました