年賀状2021年デザインの牛のイラストを簡単に作るには?

ハガキあいさつ文

年賀状は、イラストやデザインがまず大切と断言していいです。

 

人が年賀状を受け取ったとき、まず裏面を見て最初に目に入るのがイラストです

文面よりも大きく目につくイラスト部分の仕上がりが、年賀状の出来あがりの多くを決めてしまいます

 

干支の動物がかわいくデザインされていたり、子供など家族の写真がきれいに印刷されていたり、その年賀状の印象の良し悪しを決めてしまうものになります

だからこそ、年賀状のイラストは大事に決めたいですよね。

 

でも、年賀状のイラストや絵を描くのってけっこう難しいんです。

2021年の干支は丑年ですが、牛ってシンプルな動物だからこそ、ちょっとした絵のタッチや線でかわいい要素や立派な要素が崩れてしまいます

 

年賀状のイラスト作りで悩むのなら、インターネットでイラストを選んで決めて印刷注文するといいでしょう。

 

手書きで心を込めて絵を描くのもいいですが、1枚1枚はとても手間がかかりますしミスしたときのはがき代がすごくもったいないです。

自宅で自分でパソコンとソフトを使ってイラスト作成するのは面倒そうだし、自信がないという人も多いです。

 

そんなとき心強い味方になってくれるのが、年賀状のインターネット注文なんです

 

  • たくさんの種類のイラストから、自分の好きなデザインを選べる
  • 一度選んで注文するだけで、あとは何もしなくても年賀状が完成する
  • 最短で注文した翌々日に届く
  • 年賀はがきをわざわざ購入しなくてすむ

こんなにたくさんのメリットがあるんです。

 

年賀状印刷のインターネット注文について、メリットを詳しく解説します。

インターネットで年賀状を頼むのがどんなものかわからないあなたも、きっとわかるようになります。

 

ネット印刷で年賀状を作ることに興味があるのなら、読んで損はないですよ。

 

年賀状のインターネット印刷は、お店で注文するのと同じこと

インターネットで年賀状の印刷を注文するのって、経験がないといまひとつイメージがわかないかもしれません。

でも、わかってしまえば簡単なことです。

 

わかりやすく端的に言うと、写真屋さんなどのお店に行って印刷を頼むのをインターネットを使って頼むことに変わっただけのことです

つまり、直接お店に行って商品を買って家に持ち帰って来るのが、インターネット通販で注文して自宅に届くという違いだけの話です。

 

自宅で年賀状を書いたり印刷したりするのと違う点は、年賀はがきの用意から印刷まで全てをお任せすることができます

年賀はがきに印刷する手間はもちろん、年賀はがきを自分で購入して用意する手間も必要ありません。

 

\自宅にいながら簡単注文/

年賀はがきを安い値段で用意して印刷して自宅に届けてくれます

 

ネット印刷のメリットとデメリットまとめ!自宅やお店と比較!

年賀状の印刷をインターネットで注文するのは、自宅で年賀状を作るのやお店に行って注文するのと比べてどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

ネット印刷のメリットとデメリットをそれぞれまとめます。

 

①自宅での印刷と違って、ソフトやプリンターやインクが全く必要ない

まず、自宅で年賀状を印刷して作るのと違う大きな点は、印刷するための道具が全く必要ないところですね。

 

プリンターやインクは必要ありませんし、イラスト作成のためのソフトも必要ありません。

つまり、プリンターやインクを買ったり、ソフトを買ったりするお金も必要ないんです

 

自宅でも手書きの場合も印刷する道具一式は必要ありませんが、ネット印刷では描く手間が全く必要ないところが大きなメリットですね。

 

②お店にわざわざ注文しに足を運ぶ必要が全くない

ネット印刷とお店に印刷をお願いする場合との大きな違いは、ネット印刷はお店に行く必要がないことです。

 

自宅からインターネットで注文するので、自宅にずっと居ながら全てを終わらせることができます

 

年賀状を作るために、外出することは全くありません。

さらに、年賀はがきを買う必要もないので、郵便局に行く必要さえもありません。

 

12月の真冬の寒い日に、郵便局やコンビニに寒い思いをして行ってハガキを買いに行ったり、印刷屋さんに印刷注文をしに行く必要がないんです

寒い思いをして風邪を引くなど体調を崩すリスクがありますし、インフルエンザも怖いですからね。

 

特に、今現在のコロナ禍では、感染防止のためになるべく外出はひかえたいですから、お店に行かなくていいのはよけいに嬉しいですよね

 

③送料などで料金が高めになる場合がある

ネット印刷のデメリットは料金です。

注文するところによって料金はまちまちですが、ところによってはかなり割高の料金になったり、送料で高くついてしまう場合もあります

 

しかし、現在は印刷技術も上がってきていますし、なによりインターネットは人件費がかからないので安い料金のところもたくさんあります

料金を全くチェックせずに適当に注文したなんてミスがない限り、そこまで心配しなくてもいいでしょう。

 

④完成した年賀状が届くまでに数日の時間がかかる

自宅で年賀状を作る場合は、はがきとプリンター類がそろっていれば、その日のうちに年賀状を完成させることができます。

しかし、インターネットでの印刷注文の場合は、注文してから自宅に届くまでに数日かかります

 

これは、印刷屋さんのお店に注文する場合も同じですが、どうしても今日中にすぐ年賀状を作って出したい」という場合には使えません

 

⑤印刷枚数がある程度ないと受け付けてもらえない

ネット印刷では、注文枚数が10枚単位でないといけません。

 

ほんの数枚だけ年賀状を作りたいとか、数十枚単位でも細かく53枚だけ作りたいとかが無理なケースがほとんどです

送る相手ごとに、デザインを1つ1つ変えたいという場合も不向きですね。

 

逆に言えば、同じデザインでいいからたくさん印刷したい場合は、ネット印刷が向いていると言えます

10枚でも100枚でも、注文の手間は枚数の数字を変えるだけです。

 

スポンサーリンク

年賀状のネット印刷を選ぶ時の3つコツとポイント

年賀状のネット印刷を注文できるところはいくつもありますが、どこをポイントにして選べばいいのでしょうか?

 

ネット印刷をどこにお願いするか決めるのに大事なポイントを3つまとめます

ここがとても大切なので、しっかり読んで頭に入れてください。

 

①送料無料などで料金が安く、かつ印刷の品質がいいと評判のところを選ぶ

ネット印刷でまず気になるポイントが、料金などのコストです。

 

「印刷をお願いするから高いんじゃないの?」とあなたは思うかもしれませんが、高くない料金できれいな印刷をしてくれるところはたくさんあります

送料でも数百円が意外とバカにならないので、送料無料かどうかも大きなポイントになってくるんです

 

印刷の品質も、プロがしてくれるので印刷設備から技術まで安心のできあがりで完成させてくれます。

 

②デザインのテンプレートの種類が多いところを選ぶ

お店で注文する場合も同じですが、印刷注文する場合はどうしても用意されたものの中からデザインを選ぶことになります。

自分での手書きと違って自由度が低くなってしまうので、自由度の低さをカバーするためにデザインのテンプレートの種類が多いところを選ぶのもポイントですね

 

1000種類以上のデザインを用意しているところなら、まず大丈夫でしょう

あまりに多すぎても、逆に選ぶのが大変になりますからね。

 

③注文受付から納期が早いところを選ぶ

年賀状は、基本的に元日に届くようにするのがマナーです。

よって、いかに早く手元に完成した年賀状が届くかが、とても大事な要素になってきます

 

注文受付から自宅に届くまでの納期が、あまり長くならないところを選んでください

いくら元日までに間に合うからと言っても、納期が長いところを選ぶと何かトラブルがあったときに最終的に手元に届くのが遅くなってしまうリスクがあります。

 

まぁ、トラブルなんてそうそう起こりませんが、早く手元に年賀状を用意するに越したことはありません。

注文してから発送してくれるまでの期間が、なるべく早いネット印刷を選びましょう。

 

イラスト印刷なら、注文の翌日に発送してくれるところもありますよ。

 

年賀状のネット印刷なら「Rakpo」がおすすめの3つの理由!

年賀状のネット印刷のメリット・デメリット、そしてネット印刷を選ぶ3つのポイントについてまとめました。

これらのポイントからおすすめできる、年賀状のネット印刷は「Rakpo(ラクポ)」です

 

Rakpo(ラクポ)がおすすめの3つの理由をまとめます。

 

①送料無料ではがき代も5円割引!印刷料金も業界最安値クラス!

ラクポでは、「業界最安値に挑戦」のもと、送料無料となっています。

送料の数百円が全くかからないので、価格をいろいろ計算して悩む必要もなくなるんです。

 

さらに、はがき代が通常の63円より5円も安い58円になります。

つまり、ラクポに注文した時点で年賀状1枚あたり5円お得になっているわけです

 

もちろん、印刷料金も「業界最安値に挑戦」です

ラクポの価格表を見ると、イラストタイプのカラー印刷では早期注文の早割適用の場合で10枚で2420円(1枚あたり242円)、100枚で10070円(1枚あたり100.7円)です

 

この価格は年賀はがき代と印刷代込みなので、この金額を出せば印刷ができあがった年賀状が手元に来ることになります。

あとは、宛名を書いて出すだけです。(オプションで宛名印刷も別料金であります)

 

自宅でいろいろ手間をかけて年賀状を作って印刷する手間を考えれば、自宅にずっといながら年賀状が完成してしまうラクポの料金はコスパがいいですよね

 

口コミでも、こんな感想がありました。

 

ラクポが業界最安なのではというぐらい安かったです。

私は会社から出す年賀状をラクポにお願いしました。枚数が多かったのと、インターネットから注文したおかげで、めちゃくちゃ安く作成することができました。法人での利用される際、お勧めです。また納期がはっきりしているので、安心して利用できます。写真はのせず画像とイラストのみだったのですが、色あいも綺麗に印刷できていて満足です。宛名の印刷もお願いしたので、データだけ揃えるだけの楽々な年賀状が作成できました。また今年もお願いしようと思います。

 

②印刷の品質のクチコミや評価が高く、写真の銀塩仕上げも魅力的

Rakpo(ラクポ)の料金が安いことはわかっても、「安いのなら印刷の品質があまりよくないんじゃ・・・」と心配になりますよね。

ラクポでは現像機、印画紙、補正ソフトの全てに写真ポストカード最大手の富士フイルム社製で統一しています

 

イラストでは業務用レーザー印刷の通常印刷、写真では現像写真と同じクオリティの銀塩印刷を採用し、美しい仕上がりを実現してくれるんです。

口コミでも、こんな書き込みがありました。

 

年賀状印刷を今年はどこにお願いするか悩んでいるところですが、以前お願いしたラクポに、またお願いしてみようかと考えています。ラクポは、その単価の安さはもちろんのこと、高品質で、様々なタイプのデザインを選べることも強みだと感じています。年賀状印刷は、やっぱり少しでも安く綺麗に仕上げたいから、ラクポに今年はお世話になろうかなと考えています。色々な業者と比較しながら、満足できる年賀状印刷をしたいなと考えています。

 

③イラスト印刷は受付の翌日(翌営業日)に出荷!最短2日で自宅に届く!

Rakpo(ラクポ)は、納期もとても早いです。

 

イラスト印刷なら、注文受付の翌日(翌営業日)に発送してくれます

日曜は営業していないので、土曜日の注文でない限り次の日に発送してくれるんです。

 

つまり、最短2日で自宅に印刷された年賀状が届くんです。

 

写真の銀塩印刷の場合は注文から3営業日での発送で、宛名印刷オプションの場合は1営業日が追加されます。

 

最短で2日、時間のかかる写真の銀塩印刷でも注文から4~5日で届きます

イラストのデザインの年賀状なら、自宅に2~3日で届く早さはとても魅力的ですよね。

 

\最短わずか2日で自宅に印刷ずみの年賀状が届く/

↑↑↑料金や納期の詳細はこちらで確認できます

 

年賀状の印刷にRakpoを使ってコスパ良くきれいな仕上がりに!

年賀状印刷のインターネット注文についてやメリットとデメリット、ネット印刷を選ぶポイントについてもまとめました。

 

ネット印刷は、こんな人にピッタリです。

  • 10枚単位や100枚単位で年賀状印刷をしたい人
  • コロナ禍や寒い中で、外出をなるべく控えたい人
  • 年賀状を作るのに、なるべく手間をかけたくない人

 

ネット印刷でのメリットの大きさや、デメリットのカバー、そして選び方のポイントなどから「Rakpo(ラクポ)」をおすすめする理由はこちら。

  • 送料は無料で、はがき代が5円安い
  • 印刷の価格が業界最安値クラス
  • 印刷機、用紙、補正ソフトすべてに富士フイルム社製を採用した高クオリティ
  • 注文受付から最短2日で自宅に届く

 

今まで毎年ずっと手書きで1枚1枚絵を描いていたけど、やっぱり作るのが面倒。

自宅でパソコンで作って印刷するのがなかなか大変。

はがきを買いに行かないといけないのも意外と手間。

 

こんな悩みもすぐに解決してしまうのが、インターネット印刷の大きなメリットです。

 

今はコロナ禍であり、ハガキを買いに郵便局に行くとか近所のお店に印刷を注文しに行くのがちょっとためらわれますよね

ステイホームで年賀状が簡単に手間なしでできるネット印刷をぜひ利用してみてください。

 

Rakpo(ラクポ)なら、期間限定の「早割」でさらにお得になりますよ!

 

\期間限定の早割で半額以下の価格に/

↑↑↑Rakpo(ラクポ)の公式サイトはこちら

 





 

タイトルとURLをコピーしました