華優希が宝塚歌劇団の退団を発表!かわいいトップ娘役の経歴と今後は?

ステージ俳優・女優

宝塚歌劇団に所属する花組トップ娘役の華優希(はなゆうき)が、2021年7月に宝塚を退団すると発表されました。

トップ娘役の宝塚女優さんの、突然の退団発表に宝塚ファンの間では衝撃が走っています。

 

2021年7月4日の東京宝塚劇場公演ドラマ・ヒストリ「アウグストゥス-尊厳ある者-」、パッショネイト・ファンタジー「Cool Beast!!」の千秋楽をもって退団します。

 

華優希のプロフィールや経歴、そして噂などを詳しくまとめます。

トップ娘役の女優さんは、今までにどんな人生を歩んできたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

華優希は柚香光とのコンビも人気!宝塚ファンからトップ娘役に!

華優希(はなゆうき)のプロフィールはこちら。

  • 本名:巖本希(いわもとのぞみ)
  • 誕生日:11月13日(年齢:非公表)
  • 出身地:京都府京都市
  • 身長:162cm
  • 血液型:A型
  • 所属:宝塚歌劇団花組(宝塚歌劇団100期生)

 

一般的に、宝塚女優は本名を公開しないものですが、華優希の場合は本名で活動する音楽学校時代のパンフレットに名前が書かれていたことから本名がわかってしまっています。

 

誕生日については公表しているものの、生まれ年や年齢は公表していません。

2012年4月に宝塚音楽学校に入学しているので、15歳~18歳(中学校3年生~高校3年生)の受験資格を考えると、1993年~1996年の生まれではないかと思われます。

 

宝塚を目指すようになったきっかけは、2011年の雪組公演「ロミオとジュリエット」を初めて観劇して感激したからだそうです。

もともと、祖母と母親が宝塚ファンで触れる機会はあったそうですが、実際に見て感動を受けたことで、音楽学校への進路を決める決定的なきっかけでした。

 

 

その強い想いから見事に2012年に宝塚音楽学校に入学し、卒業後の2014年に宝塚歌劇団に100期生として入団しました。

2011年に宝塚を目指すことをしっかり決めて、その翌年に合格してしまうんですからすごいですね。

 

初舞台は、花組ではなく月組の公演「宝塚をどり」「明日への指針」「TAKARAZUKA 花詩集100!!」でした。

 

その後、組まわりで宙組の「白夜の誓い~グスタフIII世、誇り高き王の戦い~」「PHOENIX 宝塚!!~蘇る愛~」にも出演しました。

そして、2015年に花組の所属となり、「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)」で花組の舞台に初出演しました。

 

2017年度には、「宝塚歌劇団年度賞」の新人賞を受賞するなどの実力を見せ、2019年6月に横浜アリーナの「恋スルARENA」で トップお披露目公演を果たしました。

 

そこから、花組のトップ娘役として大活躍してきた宝塚女優さんです。

 

柚香光とのコンビも大人気でしたね。

現在も、人気コンビで「はいからさんが通る」に出演していました。

 

華優希は実家がすごい社長令嬢?父親のコネという噂の真相は?

華優希は、「京都の実家がすごいのでは?」と言われることでも有名な宝塚女優さんです。

 

本名が巖本希(いわもとのぞみ)ということがファンの間で分かっているわけですが、出身地の京都には巖本金属商事株式会社という会社があります。

巖本金属商事株式会社は、金属のリサイクル事業などを手掛けている企業で、本社が京都市にあるんです。

 

巖本という名字は日本全国で数十人しかいなくて、京都府では10人くらいというものすごく珍しい名字なんです、

同じ京都府京都市であり、とても珍しい巖本という名字が一致しているので、巖本金属商事に関係あると考えるのはごく自然なことでしょう。

 

華優希の父親が、もし本当に巖本金属商事の社長としたら、華優希は実家が裕福なお金持ちで社長令嬢のお嬢様ということになりますね。

花組トップの娘役のかわいい雰囲気とオーラは、社長令嬢だからこそ出せるものなのかもしれませんね。

 

中には、会社社長の父親のコネで入団できたのではないかという噂もありますが、さすがにコネはないでしょう。

歴史ある宝塚の音楽学校や歌劇団に、社長令嬢というだけで入学・入団できるとは思えません。

 

宝塚を初めて観劇したときに感動して、「見る側じゃなく、夢を作る向こう側に行きたい」という強い想いで進んだんでしょう。

 

スポンサーリンク

華優希の歌唱力とダンスの実力はイマイチ?なぜトップ娘役に?

華優希についてですが、歌唱力とダンスのスキルがあまり上手ではないという話が、ファンの間でも言われています。

「あの歌とダンスで、宝塚のトップ娘役の女優になぜなれたのか?」という疑問を持つファンも少なくないとか・・・

 

さきほどの京都の実家や社長令嬢の噂もあって、よけいに「コネではないか」と思われてしまっているところもあるようです。

 

 

華優希がトップお披露目されたころは、城妃美伶(しろきみれい)などほかにもトップ候補の女優さんもいましたが、おそらく柚香光とのコンビでの並びなども考えた結果だと思います。

劇団の意向やそのときの女優さんたち全体での並びなどもあるので、そこの理由もいろいろあって華優希がトップ娘役になったのではないでしょうか?

 

華優希はかわいいのは間違いないですし、舞台に立った時の雰囲気は素晴らしいという声も多いです。

また、宝塚の100期生は全体的に歌唱力が高い人が多いと聞くので、その中で華優希は歌の技術がいまひとつでもトップになるには十分だと判断されたのかもしれません。

 

華優希の宝塚退団後の進路は?来年夏の退団時期に発表?


華優希の退団後については、まだ詳細は発表されていません。

 

退団するのは、来年の2021年7月であり、まだ半年以上も期間があります。

そのため、詳しいことは来年になってからになるでしょう。

 

女優さんになるのか、モデルさんになるのか、宝塚の講師となって教える立場になるのか、いろいろ考えられますが、彼女が今後進むことを選ぶ進路にも 注目ですね。

 

宝塚の花組トップ娘役の女優の退団の決断!次のお披露目も期待大!

宝塚歌劇団を退団することを発表した、花組トップ娘役の華優希について、プロフィールや経歴などをまとめました。

トップ女優の突然の退団発表ですが、これまでの活動にお疲れさまと言いたいですね。

 

男役の女優さんを引き立たせられる娘役の女優さんとの高評価もあり、トップ女優としての功績は素晴らしいものでしょう。

次の新たなトップ娘役の就任は誰になるのか、お披露目が楽しみですね!

 

タイトルとURLをコピーしました