TOEIC400点はヤバいって本当?400点から600点に上げる勉強法!

英語

TOEICで400点台のスコアだけど、これってかなりヤバい?

 

TOEICのスコアって気になりますよね。

 

大学生なら就職活動で、社会人なら昇進や転職活動で大きなアピールポイントとなるのがTOEICスコアです

点数が気になってしまうのは仕方ないことでしょう。

 

実は、TOEIC400点台のスコアで悩む人って多いんですよ。

理由はこの後に詳しく説明しますが、400点のスコアに悩んでいる人はあなただけではありません

 

だからこそ、400点の悩みから早く解放されて次のステップに進むことで、あなたは他の人より一歩先に進めることになります。

TOEICの400点はどれくらいのレベルなのか?

400点はかなりヤバいレベルと言われてしまうのか?

ここからどうやってスコアを上げていけばいいのか?

 

こんな思いを抱いているあなたが次のステップに進めるために、いろいろと情報をまとめていきます。

400点のレベルはどれくらいやばいのか、また600点以上にスコアアップを目指すために何をすべきかまとめます。

 

スポンサーリンク

TOEIC400点のレベルは?大学生や社会人はアピールに使える?

TOEICで400点台って、どれくらいのレベルなのでしょうか?

「ヤバい」と真剣に思わないといけないレベルなのでしょうか?

 

TOEIC400点のスコアは英検3級から準2級くらいのレベル

TOEIC400点台のスコアは、英検だと英検3級~準2級レベルと言われています

学校で言うと、中学校卒業程度~高校中級くらいのレベルです

 

レべルを言葉で説明すると、「基本的な文法を理解し、日常生活の中で言いたいことを最低限伝えることができるレベル」となります。

ゆっくりなら、英語で意思疎通は最低限できるということですね。

 

TOEIC400点台は低すぎることはない!日本人全体の平均的な英語レベル!

では、TOEIC400点というレベルは日本人全体から見て、どれくらいの位置になるのでしょうか?

 

結論を言うと、TOEIC400点台は日本人全体のほぼ平均的なスコアになります

低すぎてヤバいなんてことは全然ありません

 

TOEIC公式のスコア分布を見ると、2021年1月10日午前に開催された2021年最初の模試では、395点~440点が9.8%で、445点~490点が16.3%でした。

つまり、全体の26.1%の人が400点台という結果だったんです

 

もちろん300点台や200点台の人もいて、それらの人も合わせると500点未満の人は全体のおよそ3分の1となります

 

TOEIC400点台は、悲観するほど下ではないとわかりました。

 

さらに言うと、これは公開テストの結果です。

公開テストは、TOEIC対策をしてきたり何度も受けたりしている受験者が受けるものです。

 

会社の新入社員などが団体で受ける「IPテスト」の場合は、英語に全く興味がない人までたくさん受けるので全体にもっと点数が低くなります。

 

2019年度のTOEIC L&R全体の平均スコアは、公開テストで588点でIPテストでは470点でした

このデータからしても、TOEIC400点台は決して恥じるほどの低さではなく、むしろ日本人全体の平均的なレベルと言っていいです。

 

大学生や社会人の就活や転職のアピールポイントには使えない

TOEIC400点台は、日本人全体の平均的なレベルであり、そこまで恥じるほどのレベルではありません。

しかし、大学生や社会人が就活や転職活動で履歴書に書いてアピールするのに、TOEIC400点ではスキルが不足しています

 

就活などでは公開テストのデータが使われるので、公開テストの平均点の600点弱を超えた600点のスコアが最低ラインになります

 

仕事面での自分自身のアピールポイントにするのなら、最低でも600点は欲しいところです。

もちろん、600点より700点や800点、そして900点超えのほうがいいことは決まっています。

 

TOEIC400点台なら中学英語の基礎はしっかりおさえられている

TOEIC400点は、中学校卒業から高校中級程度のレベルであり、仕事面でのアピールとしては使えません。

アピールポイントにしたいのなら、まず600点以上を取ることを次の目標にしましょう。

 

ただし、400点台だからと言って悲観する必要は全くありません。

TOEIC400点台は、中学卒業程度のレベルはクリアしており、中学英語の基礎はちゃんとおさえてあるレベルと言えます

 

基礎となる土台はあるので、ここから500点を超えて600点、さらに700点や800点も勉強のやり方次第で十分に達成できますよ。

もし、あなたが400点をまだ取れていないのであれば、「【英語が全くできない社会人向け】TOEICの勉強法と目標点数は?」の勉強法で400点を目指しましょう。

 

スポンサーリンク

TOEICで400点から600点は1ヶ月で可能?勉強時間はどれくらい必要?

1月カレンダー

TOEICを400点から600点にスコアアップさせるためには、どれくらいの勉強時間や期間が必要なのでしょうか?

 

一般的に、400点から600点にスコアを上げるために必要な時間は450時間と言われています

450時間ということは、もし1ヶ月の期間で勉強するとしたら1日に平均15時間も勉強しないといけないことになります

 

さすがに、1日15時間ずっと毎日勉強するのは無理ですよね・・・

しかし、実際には1ヶ月で400点から600点を達成した人はいるようです。

この達成者が1日15時間も勉強していたかはわかりませんが、不可能ではないということはわかりましたね。

 

ただし、1ヶ月という短い期間で目指すのはあまり現実的ではないので、せめて3ヶ月を目安にしたほうが燃え尽きたり挫折したりせずにすみますよ。

 

3ヶ月だとしても、450時間勉強するには1日平均5時間が必要です。

しかし、実際には合計450時間の勉強時間は必ずしも必要ないと思います

 

TOEIC対策におすすめの教材で効率のよい勉強方法さえしっかりしていれば、450時間という勉強時間にこだわらなくても600点台を取ることは十分に可能です

400点台の人は基礎ができているのが強みですから、その強みを活かして対策すれば大丈夫ですよ。

 

TOEICで600点を目指すための参考書のおすすめは?

では、中学英語の基礎ができている400点から600点を目指すための、おすすめ教材や本をまとめます。

600点までを目指すだけではなく、その後も700点や800点や900点を目指すのにも使える教材なので、TOEICのスコアをどんどん上げたいのなら買って損はないでしょう。

 

①TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ

TOEICの単語帳と言えば、人気でおなじみのおすすめなのが「TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ」です。

 

金のフレーズもありますが、600点を目指すのなら銀のフレーズがピッタリです。


この単語帳は、600点を目指す人向けにレベル設定されているので、600点を目指す人にとって効率よく単語を勉強できる1冊に仕上がっています

TOEICの問題に頻出の単語(1000語)や熟語がまとめられているので、効率よく英単語を勉強することができますよ

 

特に、1ヶ月とか3ヶ月とか期限を決めている人にとってはピンポイントで効率よく学べる教材を選ぶことがとても重要になってきます。

そこのポイントからしても、銀のフレーズは600点を目指す人にピッタリなんです。

 

800点や900点を目指す人にとっては銀のフレーズはレベルが易しいと感じるかもしれませんが、600点を目指す人にはぜひ使ってほしい単語帳です。

 

②TOEIC L&R TEST 初心者特急 パート1・2

次に文法を勉強するのにおすすめの教材が、「TOEIC L&R TEST 初心者特急 パート1・2」です。


TOEICの問題を解くための文法がまとめられており、500点や600点を目指す人のレベル向けになっているので、600点を目指す人にこれまたピッタリの本です

ピンポイントで600点を目指す人にとって、文法力アップの手助けになってくれますよ。

 

③高校英文法をひとつひとつわかりやすく。

もう1つ英語の文法の教材としておすすめするのが「高校 英文法を ひとつひとつわかりやすく。」です。

TOEIC600点は高校中級レベルなので、高校の英文法をしっかりおさえておくことが有効な対策となります

600点を目指すには、リーディングの穴埋め問題やリスニング問題をしっかり正解できるようにしておくことが大事になってきます。

そのためには単語はもちろんですが、文法もおろそかにはできません。

 

TOEICで400点から600点を目指すには、文法にも力を入れましょう。

 

④公式TOEIC Listening & Reading 問題集

600点を目指すのであれば、公式問題集もやっておきましょう。

本番の試験形式に慣れておくことで、実際にTOEICを受けるときにしっかり万全の態勢で挑むことができるんです

 

実際の過去問ではないながらも、リスニング音声が同じなどの点で本番と同じ形式をあらかじめ体験しておくことはとても強い武器になりますよ

 

2020年までに、1から7まで7種類が発売されています。

1冊3000円以上しますし、1冊につき試験2回分の問題量とコスパはそこまで良いとは言えないので、まず1冊だけ買って体験してみれば十分でしょう。

⑤リクルートのスマホ学習アプリ「スタディサプリ」

本や参考書ではないですが、TOEICの勉強法として人気のスマホアプリがリクルートの「スタディサプリ」です。

テレビCMなどでもとても有名ですが、日常英会話やビジネス英語のほか「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」が用意されているんです

 

1日3分でも実践できるレッスンで、少しのスキマ時間をどんどん積み上げていけるからモチベーションが維持できて、英語学習を継続しやすいです

毎日の勉強の続けやすさを求めるなら、スタディサプリはあなたにピッタリの教材ですよ。

 

>>【スタディサプリの評判は悪い?】TOEICコースのデメリットと口コミは?

 

【TOEIC勉強法】600点を取れる勉強法の意外なコツ

チェックポイント

素晴らしい参考書や教材をそろえても、勉強方法が間違っていてはお金も時間もムダにしてしまいます。

TOEIC600点を目指すあなたが効率よく英語学習ができるように、素晴らしい教材をフル活用した勉強法をまとめます。

 

英単語は覚えられなかった言葉にチェックをして反復して覚える

まずは英単語を覚えて語彙力を増やすのが基礎となってきます。

英単語の勉強のちょっとしたコツですが、1冊の単語帳を使い切るようにしてください。

 

いろいろな教材に手を出してしまうと、英単語の記憶への定着がばらけてしまってよくありません

1つの英単語帳の教材を繰り返し使って、しっかり覚えるようにすることが大切です

 

英単語を覚えるやり方は、まず単語帳を見てわからなかった単語にチェックをつけます。

1周したら、わからずにチェックをつけた単語だけをもう一度トライしましょう。

 

それを繰り返していき、わからない単語をすべてクリアしたら、もう一度全ての単語を見てまたわからないところにチェック・・・を繰り返します。

そうすれば、効率よく英単語を覚えていくことができて、使う単語帳に掲載されている英単語を全てしっかり覚えることができます。

 

この勉強方法だからこそ、使う単語帳はしっかり厳選して選ばないといけません

先ほど紹介した単語帳「TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ」を使って、TOEIC頻出の英単語をしっかり覚えて600点を効率的に目指してください。

 

単語と文法だけでもリスニングをカバーして600点は十分に可能

英単語のほかには文法も大事です。

 

文法をおさえておけば、短文・長文穴埋め問題やリスニングで点数をかせぐことができます。

もちろん、リーディングも意味が理解しやすくなって解けるようになりますよ。

 

単語はもちろん大事ですが、文法もあわせてしっかり勉強しておくことで全体の問題が解きやすくなり、スコアがぐ~んと伸びるんです

さきほど紹介した文法の教材で、TOEIC頻出の文法や高校文法をしっかり勉強しましょう。

 

単語と文法をしっかり学んでおけば、それだけでも600点は十分に可能です

ただ、リスニングは何もしないというのはさすがにまずいので、公式問題集の問題で慣れておいたりスタディサプリで勉強しましょう

 

スタディサプリは総合的に英語学習ができますが、特にリスニングをしっかり効率よく勉強することができますよ。

 

毎日の勉強時間を必ず確保して継続して学ぶことが重要

ここまで素晴らしい教材と勉強法についてまとめましたが、大前提として最も重要なことは毎日すこしでも勉強時間を作って継続していくことです。

 

日々のコツコツとした継続が未来の素晴らしい結果を作り上げていきます

英語の勉強を毎日のスケジュール化にして積み上げていけば、TOEICのスコアアップや600点はきっと達成できますよ。

 

TOEICで400点から600点への目指し方まとめ

階段を上る

TOEICで400点はマズいスコアなのか、そして600点を目指すための参考書・教材についてまとめました。

  • TOEIC400点は全然ヤバくない。むしろ平均的で基礎ができているレベル
  • ただし400点台は仕事面でアピールできるポイントにはならない
  • 履歴書に書くなどのアピールができるのは600点以上
  • TOEIC対策にピッタリの教材と勉強法なら、短期間で600点は十分に可能

あなたがTOEIC400点台を取れているのなら、少なくともヤバいとか恥ずかしいと思う必要は全くありません。

むしろ、基礎の英語力はしっかり備わっていると思っていいですよ。

 

でも、就職活動や転職活動・昇進などに活かしたいのなら、少なくとも600点台を目指すことが必要です

 

ここで紹介したTOEIC対策にバッチリの教材と勉強法で、ぜひ600点を目指してください。

そうすれば、さらに上の700点や900点も見えてきますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました