照ノ富士は横綱昇進できる?七月の名古屋場所の成績で綱取り確実?

土俵スポーツ

2021年7月の大相撲名古屋場所で、照ノ富士の横綱昇進が確実と言われています。

白鵬との全勝同士で当たる、名古屋で開催の七月場所の千秋楽での取り組みが大注目です。

 

大関から序二段へ落ちてから、また大関復帰しての綱取りです。

見事な復活劇ですよね。

 

照ノ富士のプロフィールや成績についてまとめます。

 

スポンサーリンク

照ノ富士はモンゴル出身の力士

照ノ富士のプロフィールはこちら

  • 四股名:照ノ富士春雄
  • 本名:ガントルガ・ガンエルデネ
  • 生年月日:1991年11月29日(年齢:29歳)
  • 出身地:モンゴル人民共和国・ウランバートル
  • 身長:192cm
  • 体重:177kg
  • 所属部屋:間垣部屋→伊勢ヶ濱部屋

国籍はまだモンゴルですが、日本国籍を取得する方向に動いているとのことです。

 

また、照ノ富士は結婚してる既婚者です。

2018年2月15日に同じモンゴル出身のツェグメド・ドルジハンドさんと結婚し、2021年2月11日に富岡八幡宮で結婚式を挙げています。

 

照ノ富士は大関から序二段に落ち、再び大関復帰から綱取りに臨む!


照ノ富士が注目されるのは、大相撲の史上まれに見る素晴らしい復帰劇を見せてくれたからです。

 

2011年の初土俵を踏み、2015年には大関に昇進して綱取りが期待されました。

しかし、14場所連続で大関にいたものの、そこから糖尿病などの病気やケガに悩まされて2019年には序二段まで落ちてしまいます。

 

これは、引退を決めても全くおかしくない状況です。

 

ところが、ここから奇跡とも言える快進撃で、2021年の三月場所に関脇の番付で貴景勝との優勝決定戦を制して優勝して大関昇進。

次の五月場所には、大関昇進でいきなり12勝3敗で連続優勝しました。

 

そして、七月場所には横綱・白鵬と全勝同士で対決。

白鵬が小手投げで勝ち、照ノ富士は惜しくも優勝は逃した結果となりましたが、見事な復活を見せてくれました。

 

膝サポーターが照ノ富士の印象とも言えるくらい、ケガと闘っての復活劇でした。

 

スポンサーリンク

照ノ富士の横綱昇進は確実?成績では綱取りの条件は十分


2021年の七月場所で白鵬に惜しくも負けて全勝とならずに優勝とはならなかった照ノ富士です。

3場所連続優勝、大関での連続優勝とはならなかったものの、横綱昇進は決定でしょう。

 

大関から横綱への昇進の条件は、以下となっています。

  • 大関で2場所連続優勝か、それに準ずる成績

照ノ富士は、大関での2場所連続優勝はできていませんが、「それに準ずる成績」を十分に満たしています。

 

関脇で優勝⇒大関で優勝⇒14勝1敗で惜しくも優勝ならず、という成績です。

これは、「大関で2場所連続優勝か、それに準ずる成績」の「準ずる成績」を十分に満たしていると言えます。

 

最終的には相撲協会の臨時理事会などでの決定にゆだねられますが、横綱昇進はほぼ決定的でしょう。

 

大関復活から横綱昇進した照ノ富士の横綱としての活躍が楽しみ

横綱

照ノ富士について、プロフィールや成績についてまとめました。

 

綱取りを目指していた大関から序二段まで落ちて、再び大関に復活しての綱取り。

見事すぎる復活劇を見せてくれました。

 

まだ横綱昇進は決定していませんが、今年の成績から横綱昇進できるでしょう。

九月場所からは、横綱・照ノ富士として土俵に上がる姿が見られるかと思うと、今からとても楽しみですね。

 

稀勢の里以来の横綱であり、稀勢の第73代里は残念ながら怪我によって横綱として長く活躍できなかったので、照ノ富士には第73代横綱としての活躍を長く見せてほしいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました