手越祐也は会見で何を語った?リアルタイムで見た内容と感想まとめ

マイクアイドル

元NEWSのメンバー手越祐也が2020年6月23日の20時から緊急記者会見を開きます。

 

手越祐也は、コロナ禍の緊急事態宣言が発令中に女性との外出を繰り返していたことで、ジャニーズ事務所との契約が解除となりました。

あまりにもいきなりの契約解除と退所だったために、レギュラー出演していた日本テレビの「イッテQ」などはてんやわんやでした。

 

そんな手越祐也が、いきなり記者会見を開くことになり、しかもその様子はYOUTUBEチャンネル「手越祐也チャンネル」でノーカットの生配信されるそうです。

 

「包み隠さず話す」と言っている手越祐也ですが、いったい会見で何を語るのか?

そして、今後はどんな活動や方向に向かうのか?

 

会見前に考えられることをまとめ、さらに会見の目的や今後についてまとめます。

そして、会見を実際にリアルタイムで聞いて思った感想についてまとめます。

 

スポンサーリンク

手越祐也とジャニーズ事務所との仲がかなり険悪になった?


手越祐也は、小山慶一郎がリーダーを務めるアイドルグループ「NEWS」のメンバーの1人でした。

小山のほか、加藤シゲアキと増田貴久もメンバーの4人グループです。

 

現在、ソロで活動している山下智久もNEWSのメンバーでした。

 

また、手越祐也は増田貴久と「テゴマス」のコンビでも活動していましたね。

 

そんなNEWSメンバーとして活動していた手越祐也は、大きな問題を起こしてしまいました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のための緊急事態宣言発令中に、2回も女性を連れて外出したりパーティーをしたりしていたそうです。

 

週刊文春のいわゆる「文春砲」であきらかになりました。

 

さいわいなことに接触した人たちにコロナウイルスが感染していなかったようですが、外出自粛を守らずに不要不急の外出をしたことで大きく批判を受けました。

そのためか、ジャニーズ事務所は新型コロナウイルス感染拡大に伴うチャリティーで結成するユニット「Twenty☆Twenty」のメンバーから手越を外すと異例の発表をしました。

 

このことで、手越と事務所の間はかなり険悪になってしまったと言います。

「専属契約の解除による退所」という表現がされていますが、事実上の解雇と言ってもいいかもしれません。

 

突然の契約解除の日にTwitterアカウントを取得して発信

ジャニーズ事務所を対処したその日に、手越祐也はツイッターのアカウントを取得しました。

今後は、SNSで発信していくということです。

 

今回の緊急会見を開くことも、Twitterで発表されています。

 

もともとのファンと、世間の興味もあったのか、フォロワーはあっという間に100万人を超えてしまっています。

SNSを、今後の大きな武器にしていくことがうかがえます。

 

スポンサーリンク

Youtubeチャンネルも開設!今後はSNSと動画で活動?

退所して即行動したのは、TwitterのSNSだけじゃありません。

 

Youtubeチャンネル「手越祐也チャンネル」も開設しました。

これが、手越会見を生配信するための場になります。

 

ここで「包み隠さず話す」ということになるわけですが、会見後も手越祐也のアピールや活動の場として大いに活用されることは間違いないでしょう。

すでに、チャンネル登録者数もどんどん増えて行っています。

 

手越祐也はYoutubeでの会見生配信で何を話すのか?


ジャニーズ事務所の退所からわずか4日後に、Youtubeチャンネルで記者会見を生配信する手越祐也です。

いったい、会見の場で何を話すのでしょうか?

 

これまでに芸能界で見てきた裏をすべて暴露する?

ジャニーズ事務所を辞めて、いわば一般人という立場になった手越祐也です。

 

今まではジャニーズの看板や後ろ盾がありましたが、今はもうありません。

そして、事務所を退所した経緯から、もう芸能界やテレビで活躍する機会をもらえるチャンスはほぼないでしょう。

 

そこで、芸能界と決別すべく、今までのジャニーズでのアイドル活動で見てきた芸能界の裏の闇などを洗いざらい暴露するのかもしれません。

ジャニーズ事務所ひいては芸能界とかなり険悪な終わり方をしてしまったので、芸能界を怖がることなく暴露してしまうことが考えられます。

 

今回の事務所退所についても、いろいろと理由や経緯をさらに詳しく説明するかもしれません。

 

今後のソロ活動についてのアピールをする?

今後は、芸能界に全く頼らずに自分で活動する道を選んだ手越祐也です。

退所後の会見で、今後の活動について発表してアピールするのかもしれません。

 

6月初めの芸能活動自粛期間中には、シングルマザーの母子家庭にお弁当を無償で届けるボランティア活動をして話題を集めていました。

今後はどんな活動になるかわかりませんが、すでにネームバリューやファンがたくさんあるので話題性は抜群でしょう。

 

ジャニーズの歴代メンバーの中でも、屈指の人脈を持っているそうなので、事業家としても活動するのではないかと噂されています。

 

手越祐也の会見が今後の芸能界を大きく揺さぶるかもしれない?

手越祐也の緊急会見についてまとめました。

 

ジャニーズのメンバーが会見を開くこと自体かなり珍しいことであり、それが自身のYoutubeチャンネルでノーカット生配信となると、内容がかなり気になります。

何も気にせずに、自分の話したいことを話せるので、内容によっては芸能界を大きく揺さぶって変えてしまう結果になるかもしれません。

 

果たして、手越祐也は手越会見でどんなことを語るのか?

会見前から、大きく注目されています。

 

~追記~手越会見をYoutubeで視聴!初めて明かされた真実!

手越祐也が、予定通り20時から弁護士同伴で手越会見を開きました。

会見には、黒系のジャケットで登場した手越祐也は、席に座ってしっかりした口調で話し始めました。

 

今までのいろいろな報道について見聞きして、自分の口から真実を伝えたいということでした。

「真実を話す」という会見は、どんな内容だったんでしょうか?

 

①ほかのメンバー、ファン、事務所には今も感謝しているし大好き

まず手越祐也が語ったのは、NEWSの他のメンバーやファン、そして事務所への感謝でした。

NEWSというグループを「船」、メンバーを「戦友」と表現していたのが印象的でしたね。

 

今でも、メンバーやファン、そしてジャニーズのことは大好きだと語っていました。

 

事務所の退所も、あくまで「円満退社」であるということです。

 

②ジャニーズ事務所の退所は以前から考えて準備していた

ジャニーズ事務所の退所について、今回の騒動で決まったことではなく、5~6年も前から考えて準備してきたことだったと話しました。

 

今年3月には、NEWSの集大成とも言える4部作最終章のアルバム「STORY」が発売予定でした。

しかし、コロナウイルスの影響で発売中止になり、公演ツアーも中止になってしまいました。

 

手越会見によると、このSTORYが終わったところで次の一歩を踏み出すことを考えていたそうです。

3月に、会社のトップの人たちには退所の意向をすでに伝えていたんだとか。

 

ほかのメンバーにも3月の時点ですでに伝えていたそうで、3人も背中を押してくれる答えをしてくれたようです。

 

そのための準備として、自分に手助けしてくれる人との会食があって、騒動になったのもそのうちの1つだったと説明しました。

事務所のチーフマネージャーには事前に言っておいたが、女性がいるとかお酒を飲むとかまで細かく言っておかなかったらしいです。

 

このあたりの点が、特に報道とは大きく違っていたので、会見で真実を伝えたかったそうです。

すでに退所の意向を事務所に伝えていた状況で、次のステップのための準備だったとの説明でした。

 

③今後はSNSやYoutubeのほかインスタグラムやファンクラブも開設

今後の活動についても話してくれました。

 

今は、TwitterとYoutubeしか解説していないですが、今後はインスタグラムも開設する予定だそうです。

また、ファンクラブも作っているところだとか。

 

具体的な活動については、芸能界以外の人脈も借りながら世界を見据えてのソロ活動だそうです。

リーダー的な人との人脈もあり、外国の人ともZOOM会議をすでにするなど、未来の夢のために着々と準備をしていたんですね。

 

自分自身でメディアを持って、影響力を持つ存在になりたいと夢を語っていました。

 

あとは、ボランティアも考えているそうです。

活動自粛中の弁当配達のボランティアがかなり大きかった印象ですね。

 

手越会見はしっかりした話し方で進み、気持ちの強さを感じた


手越会見を聞いた感想ですが、話し方がすごくしっかりして進んでいました。

 

新しく会見で述べられた内容を簡単にまとめると、以下になります。

  • 3月に事務所を退所したいことを、事務所トップにもメンバーにも伝えてあった
  • 外出自粛中の「手越キャバクラ」は、退所後の準備のための会食だった
  • 退所日を決めるなどの話し合いに弁護士を立ててくれと事務所から言われた
  • 弁護士を通じての話し合いになり、メンバーとも話せなくなってしまった
  • NEWSメンバーと連絡が取れない状態になって退所はとても心残り
  • 社長のジュリーさんと副社長のタッキーとも話ができていなかった

聞きながらまとめたので細かい部分が違っているかもしれませんが、事務所の退所は文春砲の前から決めていたことで、あくまで円満退社だと手越本人は語りました。

ただ、いつ事務所退所になるかわからない中で、次のための準備を進めていたという経緯だったのが真実だったと語りました。

 

 

そして、会見の中では以下の言葉や内容が多く出てきた印象でした。

  • ジャニーズのこともNEWSのこともメンバーのことも今でも大好き
  • 「イッテQ」「サッカー番組」という言葉
  • 15歳からずっとジャニーズで、他の仕事のことを何も知らない

NEWSが大好きで、これからもNEWSの一番のファンということを強く話していました。

また、事務所についてのことも大好きだと語っていました。

 

暴露といったことは全く何もなかったですね。

 

ただ、文春オンラインで騒動となった会食についての経緯の説明はやはりしっかりしていました。

はっきりとした謝罪はなかったものの、事務所の退所はすでに伝えていたことや、退所後のための準備としての会食だったという説明でしたね。

 

そんな話の中で、ちょくちょく出てきた言葉が「イッテQ」「サッカー番組」でした。

芸能界の仕事の中で、大きかった仕事がこの2つだったんでしょうね。

 

 

そして、年齢についてもよく出てきました。

 

今の年齢の32歳(今年33歳)というより、15歳でジャニーズに入って今まで15年以上なのでジャニーズと芸能界以外何も知らないとよく言っていた印象でした。

(だからこそ、退所後の準備に余念がなかったということでしょうか)

 

会見でも、その後の質疑応答でも、ずっと手越祐也の話し方はとてもしっかりしていて、考え込んだり言葉に詰まってしまう様子はなかったですね。

一連の騒動の時系列についてもしっかり話していたので、その場で考えて話しているようには全く見えませんでした。

 

今までの15年以上ものアイドル活動に対する気持ちや、事務所やNEWSメンバーやファンについての想いがしっかり根元にあっての強い話し方に感じました。

しっかりした話し方と質疑応答や次のビジョンへの思いに、強い気持ちを感じさせられました。

 

今回の会見の内容には賛否両論あると思いますが、今までの感謝と次のステップへのことを最後までポジティブに話してくれていたと思います。

語った内容がどこまで嘘か真実かは置いておいて、今後の活動も見ていきたいと個人的に思わされた手越会見でした。

 

タイトルとURLをコピーしました