大相撲の三段目とはどれくらい強い?勝武士関の経歴で学ぶ相撲番付

土俵スポーツ

2020年5月13日に、大相撲の高田川部屋に所属する三段目の力士・勝武士(しょうぶし)関が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全で死去したニュースが飛び込んできました。

 

勝武士(本名:末武清孝)さんは、山梨県出身の力士で亡くなったときの年齢は28歳でした。

新型コロナウイルス感染で日本のプロスポーツ選手が死亡するのは初めてで、しかも厚生労働省にによると日本で20代の死亡者も初という報道に大きな衝撃が走りました。

 

20代の若い力士の方が亡くなるとは、コロナを軽視しては本当にいけないことを痛感します。

 

勝武士関のニュースでは「三段目」という言葉をつけて報道が盛んにされていますが、この「三段目」という言葉に聞き馴染みがない人も多いでしょう。

 

三段目とは、横綱や小結や幕下などのように番付を表す相撲用語です。

力士の強さを格付けする順位ののような言葉ですね。

 

「三段目」は番付の1つだということは知っていても、どれくらいの強さなのかまでははっきりわからない人も多いんじゃないでしょうか。

 

そこで、勝武士関の経歴とともに、「三段目」の相撲用語を含む番付についても簡単にまとめます。

 

スポンサーリンク

勝武士関は山梨県出身で四股名を3度も改名した力士


勝武士関のWikiのページはなかったので、他のサイトや日本相撲協会の公式サイトを参考にプロフィールをまとめました。

 

  • 四股名:勝武士幹士(しょうぶしかんじ)
  • 本名:末武清孝(すえたけきよたか)
  • 生年月日:1991年(平成3年)11月4日生まれ
  • 出身地:山梨県甲斐市
  • 血液型:O型
  • 身長:166cm
  • 体重:108.9kg
  • 所属部屋:高田川部屋
  • 初土俵:2007年(平成19年)3月場所
  • 番付:西三段目八十二枚目
  • 最高位:三段目十一枚目
  • 得意技:突き出し

 

 

勝武士幹士の四股名の前に3回も改名しており、勝武士太郎→勝武士清孝→彈丸一風→勝武士幹士と四股名を変えてきました。

初土俵は15歳のときで、今年は力士になって14年目でした。

 

10年以上も現役力士として活躍している中堅力士だったんですね。

 

日本相撲協会の協会員の中で、最初にコロナに感染していた

勝武士関は、相撲協会に所属する協会員の力士で最初に感染が確認されていたそうです。

 

しかし、幕下以下の番付だったために当初は感染について非公開となっていました。

親方の高田川親方(元関脇、安芸乃島)や十両の白鷹山は感染して退院したことは公表されていましたが、三段目の勝武士は非公開だったんですね。

 

勝武士関は、4月4日ごろに発熱症状が見られるも、病床が足りないと医療機関をたらいまわしにされていた層です。

発症から4日後の8日にやっと東京都内の病院に入院し、転院先で10日にPCR検査でようやく陽性と判定されて19日から集中治療室で治療を受けていました。

 

その後、1ヶ月以上にわたる闘病生活をされましたが、残念なことになってしまいました。

 

大相撲の番付一覧と「幕内」「力士」「関取」の違いまとめ

では、勝武士関の番付の「三段目」は、相撲の力士の中でどれくらいの強さのレベルになるのでしょうか?

 

日本の大相撲の番付一覧を順番にまとめます。

大相撲の番付

  • 横綱
  • 大関
  • 関脇
  • 小結
  • 前頭
  • 十両
  • 幕下
  • 三段目
  • 序二段
  • 序ノ口

番付外

 

相撲の番付は全部で10個あり(番付外は除く)、三段目は上から8番目になります。

ちなみに、一番下の番付の「序ノ口」は番付表に最も小さい字で書かれることから「虫眼鏡」とも呼ばれます。

 

横綱などの番付は、相撲にあまり詳しくない人でも聞いたことがあるでしょう。

NHKの大相撲中継で放送されるのは幕下からなので、幕下まではわりと知名度があると思います。

 

この番付の中で、「幕内(まくうち)」と呼ばれるのは横綱から前頭までになります。

そして、「関取(せきとり)」と呼ばれるのが横綱から十両までのお相撲さんです。

 

「関取」と「力士」の違いは何か疑問に思ったことがあるかもしれませんが、「力士」はお相撲さん全般のことで、力士の中で十両以上の人が「関取」なんです。

 

力士は、十両以上の番付の関取になって初めて一人前として認められます。

十両以上の番付にならないと、給料はもらえません。

 

幕下以下の力士は、「養成員」という立場であり、場所ごとに10万円前後の手当を年6回もらえるだけ。

年収は、幕下で100万円やっとあるくらいの厳しい収入になります。

 

今回、コロナでお亡くなりになった勝武士関の番付は「三段目」なので、幕下・十両と上の番付を目指して稽古に励んでいたはずです。

一人前の関取を目指して、ずっと頑張っている志半ばだったんですね。

 

10年以上の現役力士で三段目の番付は早い出世なのか?

勝武士は13年の現役生活を送ってきて、番付は三段目です。

これは、力士の成績としては早いほうなのでしょうか?

 

残念ながら、力士の成績としては早いほうとは決して言えません。

 

平成時代に大活躍した横綱の2代目貴乃花は、初土俵から2年かからずに関取の十両になっており、横綱になるまで7年弱で10年かかっていません。

現在の横綱の白鵬は、十両になるまでに2年ちょっとかかっていますが、綱取りには貴乃花と同じくらいの6年ちょっとの期間です。

 

しかし、こんな例はほんの一握りです。

 

10年以上の現役生活で、十両以上の関取になっていない力士のほうが大多数です。

しかも、それまでに引退してしまうケースもかなり多いです。

 

それを考えると、10年以上もずっと関取を目指して現役を続けてきた勝武士関の努力の姿をうかがうことができると思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

勝武士関のプロフィール、そして勝武士関の「三段目」を含む相撲の番付についてまとめました。

 

大相撲界どころか、プロのスポーツ界で初のコロナ感染による死亡、さらに日本で初の20代の死亡者となった勝武士関です。

糖尿病を患っており、持病が原因だったとも報道されていますが、コロナ発症から医療機関のたらいまわしの末にPCR検査や治療まで時間がかかったという報道もあります。

 

普段から稽古で体を鍛えている力士でもなくなってしまうことがあるコロナの恐怖を強く感じました。

 

そして、10年以上も土俵に立ち続けて上の関取の番付を目指し続けてきた志半ばで不慮の病死をしてしまった勝武士関のご冥福をお祈りいたします。

 

タイトルとURLをコピーしました