2020年プロ野球が開幕決定!シーズンの試合日程と5つの問題点とは?

野球の試合スポーツ

2020年のプロ野球の開幕がついに決定しました!

 

新型コロナウイルスの影響で、3月20日の開幕がずっと延期されていましたが、全国の緊急事態宣言の解除で開幕がようやく決定になりました。

 

2020年のプロ野球は、セ・パ両リーグともに6月19日に開幕戦が開催されます

6月19日は、もともと交流戦が終了してリーグ戦が再開される予定の日だったために、目標として設定しやすいこの日に開幕が決定しました。

 

 

当初の予定日の3月20日から3ヶ月遅れての開幕、このニュースを待ち望んだ野球ファンはたくさんいらっしゃるはずです。

 

開幕してもしばらくは3つの密を避けるために無観客での試合開催となりますが、それでもプロ野球の試合が行われるようになったのは嬉しいですね。

高校野球の甲子園大会が春夏ともに中止になってしまった2020年は、ぜひプロ野球で野球界を盛り上げてほしいと強く願っています。

 

プロ野球の開幕のニュースが出て嬉しい反面、気になるのは今後の日程と3か月遅れの開幕で生じるいろいろな問題点ですね

 

そこで、気になる今後の試合日程や、3か月遅れの開幕や無観客試合が続くことで心配されるデメリットや問題をまとめます。

 

スポンサーリンク

2020年のCSや日本シリーズはいつ?公式戦の試合日程は?

2020年プロ野球セ・パ両リーグの開幕戦は6月19日の金曜日に行われます。

 

開幕戦が6月19日の3ヶ月遅れになることで、公式戦の日程やシーズン中のイベント開催はどうなるのか?

今後の日程や予定についてわかっていることをまとめます。

 

開幕後しばらくはコロナウイルス感染予防のため無観客試合が続く

開幕戦からしばらくの時期は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためドームや球場に観客の入場をさせずに無観客での試合となります。

 

全国でのイベント営業の段階的な解除に合わせて、プロ野球もどこかのタイミングで観客動員を始めるとは思いますが、当面は無観客での試合になります

無観客での試合は残念ですが、もしテレビ中継がある場合はステイホームでテレビで試合を楽しみましょう。

 

オールスターゲーム・交流戦・CS・日本シリーズの開催予定や日程は?

開幕戦が例年より3ヶ月遅れとなり、シーズン中に開催されるオールスターゲームやセ・パ交流戦は開催されるのか気になりますね。

また、シーズンの終盤に日本シリーズ進出をかけたCS(クライマックスシリーズ)や、最後を締める日本シリーズの開催時期はどうなるのでしょうか?

 

まず、開幕戦が6月19日なので5月26日から開催予定だった「日本生命セ・パ交流戦」は中止となります

 

また、開幕からわずか1ヶ月後と間もないことから、7月19日と20日に開催予定だったオールスターゲームも中止が決定しています

オールスターゲームが中止になるのは、日本のプロ野球で史上初の出来事でとても残念ですね。

 

 

そして、開幕延期とシーズン短縮になった2020年のプロ野球の日程で最も気になるのがCSと日本シリーズですね。

 

日本野球機構の発表では、セ・リーグは日程確保のためにCSを中止する方針で、パ・リーグはCSの日程短縮を検討しているとのこと

この発表から推測すると、セ・リーグはシーズン優勝の球団がそのまま日本シリーズ進出で、パ・リーグはCSで勝ち上がった球団が日本シリーズ進出になります。

 

パ・リーグはCS開催ながら短縮との発表なので、ファイナルステージの6戦の試合を2戦か4戦に短縮するのでしょうか。

優勝チームのアドバンテージが大きくなりますが、コロナの影響では仕方ないですね。

 

もともとの開催予定では、10月24日からCS開催の日程になっていましたが、もう少し後ろ倒しになる可能性があります。

 

 

日本シリーズは11月7日からが当初の日程でしたが、11月21日からに予定が変更されました

最大で8日間ほどで日本シリーズは終了するので、変更後も11月でシーズンが終了することになりますね。

 

開幕戦の延期、交流戦やオールスターゲームの中止、CSの中止・短縮とありますが、今シーズンのペナントレースは1球団あたり120試合の開催を目指すとのこと。

2019年のシーズンでは、1球団あたりの試合数は年間143試合だったので、23試合も減ってしまうことになります

 

2020年プロ野球の開幕戦から日本シリーズまでの詳細まとめ

2020年プロ野球のシーズンの予定や日程についてまとめるとこちらになります。

 

  • セ・リーグとパ・リーグともに6月19日に開幕戦を行う
  • セ・パ交流戦とオールスターゲームは、中止が決定済み
  • クライマックスシリーズは、セ・リーグは中止でパ・リーグは短縮予定
  • クライマックスシリーズの開催日は未定
  • 日本シリーズの開催は、11月21日からに変更
  • 1球団あたりの公式リーグ戦を120試合開催を目指す

 

 

スポンサーリンク

開幕戦が3ヶ月遅れたことによって心配される5つの問題点

新型コロナウイルスによる自粛が収束してきて、ようやくプロ野球が開幕しますが、喜んでばかりもいられません。

3か月遅れでの開幕戦、そしてしばらく無観客試合が続くことで心配されることも当然あります。

 

コロナによって開幕延期となった今シーズン特有の5つの懸念は何かをまとめます

 

①無観客試合で球団の収益がほぼゼロが続いてチーム運営が厳しくなる

当初の開幕予定日から3ヶ月ずっと公式戦ができていなかった日本のプロ野球です。

この間は、球団の収入は大きく減っている状態です。

 

本来ならシーズン真っただ中の今の時期に試合が全く行われていないため、球団の収入はほぼゼロになってしまっています。

試合ができていないということは、試合のチケットの売り上げや球場やドームでのグッズの売り上げがゼロが続いていたわけです。

 

たとえ開幕したとしても、無観客試合でファンが球場に来れないとチケットは売れませんし、球場でのグッズなどの売り上げも見込めません。

さらに、お客さんが来なければ球場に広告を出すこともありませんので、広告費も入ってこなくなってしまうんです。

 

無観客試合は球団にとって貴重な収入源がほとんど絶たれてしまい、収入は9割減にまでなってしまいます

当然、金額にして億単位です。

 

球団の収入が9割もの減少の痛手となれば、経費や人件費のどこかを削らないといけなくなってきます。

選手の年俸をカットするかはわかりませんが、球団関係者が給与面や雇用面で痛い思いをしてくる(すでに痛手を受けている人もいらっしゃるでしょうけど)懸念が出てきます。

 

②選手が十分な練習ができず調整不足でケガや故障者の心配が増える

6月19日の開幕戦が決まり、6月2日から14日まで各球団4カードずつ練習試合をして開幕に備えます

 

しかし、今までに十分な練習や調整ができていない状況で、練習試合の期間が半月ほどで公式戦に間に合うのか心配されています。

球団の多くが5月下旬からチーム練習が再開の状況、練習試合を4カードしたとしても果たして調整がうまくできる選手がどれくらいいるのかが心配です。

 

実力を発揮できず成績が伸び悩む選手も出てくるでしょうし、何より例年のシーズンとは違う異例の日程のためにケガや故障が心配です

ケガや故障は今後の選手生命に大きく影響するので、開幕までしっかり体のコンディションを整えてほしいですね。

 

③シーズンのペナントレース(公式戦)を1試合でも中止にしづらい

今シーズンは3か月遅れで開幕し、1球団あたり120試合の開催を目指すと日本野球機構が発表しました。

当初は125試合を目指していましたが、予備日の関係で120試合になったとのことです

 

実は、この120試合という試合数がシーズン開催の条件の中でかなり厳しいんです。

 

野球協約の第17章「試合」の第159条(ホーム・ゲームの最低数)には、シーズンの試合数が以下のように定められています。

「球団が行う年度連盟選手権試合のホーム・ゲームの数は、60試合を最低数とする」

 

ホームでの試合の最低数が60試合という規定により、ビジターも60試合をしなければなりません。

各球団の試合数は、1シーズンにホームゲーム60試合とビジターゲーム60試合との合計120試合が最低ラインとなっているんです。

 

つまり、予備日を含めているとは言え120試合の最低ラインの開催を目指す現状では1試合でも中止になってしまうことがかなりの危機的状況になりえてしまうわけです

 

台風などの自然災害で、選手や観客の安全性を考慮して試合を中止にせざるを得ないことになるリスクもあります。

最低限の試合数を満たすことができるのかの緊張感の中で、公式戦を進めていかなくてはなりません。

 

④試合スケジュールがタイトになり、選手への体力の負担が大きくなる

プロ野球の1シーズンの試合数の規定により、各球団すべて最低でもホーム60試合を含む120試合をこなさないといけません。

 

各球団が1シーズン120試合を終えるために、1週間で6連戦の試合をする必要が例年より増えてしまいます

もちろん、移動したり練習したりの日程もタイトになってきます。

 

すると、当然チームに大きな負担がかかってきます。

 

試合や移動が続くことで、選手の体力面への負荷は相当なものになりますし、特に先発を務める投手には影響が大きいです

ケガや故障への心配も出てきてしまいますね。

 

⑤秋に開催されるドラフト会議で有力な新人選手を獲得しにくくなる

シーズン期間や試合数が規定ギリギリまで少なくなってしまうことは、新人選手の獲得にも大きな影響が出てしまいます。

 

毎年秋には、各球団が有力な新人選手を獲得するための「ドラフト会議」が開催されます。

ドラフトでの指名と抽選によってどれだけ有望な新人選手を獲得できるかが、各球団の来年以降のリーグ優勝争いや日本一争いに響いてきます。

 

しかし、新人選手を獲得するには戦力外通告などで選手の枠を空けないといけません

1球団につき登録できる支配下選手の人数は育成選手を除いて70人までとなっているので、選手が誰か引退か移籍をしないとドラフトで新人選手を獲得できないんです。

 

公式戦での成績を評価して戦力外するかを決めないといけないので、シーズンの期間や試合数が減ってしまえば選手の評価が難しくなります。

現役選手の評価ができなければ、移籍や戦力外通告もスムーズにできず新人選手が入る空きを作れなくなってしまいます。

 

今年は高校野球の甲子園大会が史上初の春夏ともに開催中止の事態でもあり、高校球児の評価だってまともにできていません

高校野球の中止も合わせて、今年のプロ野球ドラフト会議は例年にない厳しいものになりそうです。

 

2020年プロ野球はシーズン短縮で無観客試合もあるが期待大

2020年プロ野球開幕のニュースについて、日程と懸念材料をまとめました。

 

3か月遅れの開幕で、シーズン期間や試合数が大幅に少なくなってしまいました。

しかも、開幕当初しばらくは無観客試合が続くために盛り上がりに欠けることも予想されます。

 

今シーズンのプロ野球はデメリットばかりのイメージですが、例年にない楽しみな部分もあるんです

それは、どのチームも優勝や日本一を狙える位置に立てる可能性が例年より高いということです。

 

例年より23試合も少ない120試合の規定数ギリギリの開催では、チーム力が必ずしも反映されない順位になる可能性が大きくなります。

シーズン期間が短くなれば、それだけ勢いに乗ったチームが優勝争いで有利になるので、開幕ダッシュは例年以上に重要になります

 

今までに前例のないシーズンになることで、セ・パ両リーグどのチームにも今まで以上に優勝や日本一チャンスが巡ってきたとも言えるでしょう。

交流戦やオールスターゲームが中止になってしまったとは言え、ペナントレースの公式リーグ戦の勝敗や優勝争いがいつも以上に激化して楽しみになってきそうです。

 

 

今シーズンの各球団の成績のカギは、開幕までの練習や調整にかかってきます

練習試合の結果、そして開幕戦や開幕直後の各チームの勝敗の動向が今から楽しみですね。

 

コロナが終息してきた緊急事態宣言解除から、ぜひ一気に日本全国を盛り上げムードにしてほしいです。

 

タイトルとURLをコピーしました