ジャパンカップ2020を過去結果のデータで予想!牝馬が有利?

競馬場スポーツ

2020年11月29日に日曜日に、競馬のGⅠレース「ジャパンカップ」が開催されます。

 

ジャパンカップと言えば、日本中央競馬会(JRA)によって東京競馬場で毎年開催される中央競馬の重賞競走です。

東京競馬場での芝2400mの左回りで、2020年は記念すべき第40回となります。

 

今年は、コロナ禍での開催となりますが、出走馬たちによる素晴らしいレースはテレビ画面を通じて見ることができます。

今回のジャパンカップは、本命視される競走馬が3頭もいて熱いレースが期待できると大きな話題です

 

その3頭とは、アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトになります。

GⅠレースで8勝、牡馬の三冠、牝馬の三冠、全てがそれぞれ違った肩書と特徴を持っているです

 

一体どの競走馬が優勝するのか、馬券を買っていなくてもワクワクしてしまいます。

そこで、過去のジャパンカップの結果のデータからどの馬が一着になるかを予想してみました。

 

スポンサーリンク

出走馬で本命はアーモンドアイ・コントレイル・デアリングダクト


ジャパンカップには、15頭の出走馬が参加します。

その中で、オッズが高いベスト3になるであろう人気の3強がこちら。

  • アーモンドアイ(騎手:C.ルメール):牝馬5歳、GⅠレース8勝
  • コントレイル(騎手:福永祐一):牡馬3歳、GⅠレース4勝(三冠馬)、無敗
  • デアリングタクト(騎手:松山弘平):牝馬、GⅠレース3勝(三冠馬)、無敗

枠順は、アーモンドアイは2枠2番、コントレイルは4枠6番、デアリングタクトは3枠5番からスタートします。

 

このほか、カレンブーケドールやグローリーヴェイズを有力視する予想の声もありますが、まずはこの3強と言われる3頭の競走馬のどれかと思っていいでしょう。

 

第40回ジャパンカップで1着になるのはデアリングタクトと予想

2020年の第40回ジャパンカップで一着となる優勝馬の予想ですが、デアリングタクトではないかと予想します。

その理由をまとめます。

 

コントレイルは前回の菊花賞での勝ち方に不安が残る

牡馬の無敗の三冠馬となったコントレイルは有力ではありますが、前回に出走した菊花賞での1着がわずかクビ差であったところが引っかかります。

もしかしたら、調子が完全でない可能性があります。

 

また、クラシック三冠を達成した牡馬が3歳で出走したジャパンカップで優勝した結果は過去のデータにありません

ジャパンカップの歴代優勝馬で、三冠馬はシンボリルドルフとディープインパクトの2頭だけですが、どちらも4歳のときの出走です

 

3000mという長い距離である菊花賞を走った後など、3歳牡馬にとってローテーションなどが厳しい日程になっています。

ですから、アーモンドアイとデアリングタクトがいる中でコントレイルが勝つには回復力にかかっていると言えますが、かなり難しいでしょう

 

アーモンドアイも可能性は十分だが、デアリングタクトの勢いが強すぎ?

個人的に、牝馬のどちらかではないかと予想しています。

その中で、ラストランとなる5歳牝馬のアーモンドアイにとって、牝馬三冠馬の勢いのデアリングタクト相手はすごく厳しい戦いになると思います。

 

これは、アーモンドアイが悪いというのではなく、デアリングタクトの勢いが強すぎると表現します。

斤量も、3歳のデアリングタクトは2㎏軽くて有利ですからね。

 

しかも、アーモンドアイは天皇賞から中3週での出走であり、中4週のコントレイルより厳しいスケジュールであるところからも、中5週のデアリングタクトがかなり有利です

 

また、アーモンドアイ自身が3歳のときのジャパンカップで優勝していますが、それまでの出走と結果がデアリングタクトととてもよく似ています

そのデータからも、2年前のアーモンドアイを思い出させるようにデアリングタクトが1着になるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ジャパンカップの歴代優勝馬の傾向は?牝馬3歳が勝つ流れ?

過去のジャパンカップでの歴代優勝馬を見ると、牝馬が1着になった例はいくつもあります。

 

牝馬3歳では、2018年に当時3歳だったアーモンドアイが優勝しています

牝馬5歳では、2009年のウオッカや2011年のブエナビスタの例があります

 

これを見ると、アーモンドアイとデアリングタクトの牝馬どちらにも十分に勝算はあるんです。

しかし、5歳牝馬は秋の天皇賞とジャパンカップを連勝していないため、アーモンドアイとはデータが違っています

 

かたや、牝馬3歳で勝利したアーモンドアイは、牝馬三冠の勢いそのままにジャパンカップも勝利しており、これは2020年の牝馬三冠のデアリングタクトと全く同じです

よって、過去のジャパンカップの優勝馬の結果やデータからも、牝馬3歳のデアリングタクトが勝ちそうな気がしてなりません。

 

アーモンドアイのラストランになるジャパンカップで3強の走る姿が楽しみ!


2020年の第40回ジャパンカップの予想についてまとめました。

 

優勝予想は、デアリングタクト>アーモンドアイ>コントレイルとしました。

  • 過去の結果でクラシック三冠の牡馬が3歳でジャパンカップで勝ったことがない
  • ローテーションが中5週で、3頭の中で最もレース間の期間が長い
  • 牝馬3歳でジャパンカップで勝ったアーモンドアイと、今年のデアリングタクトとの過去データがよく似ている

これらの理由から、デアリングタクトが秋華賞に続いてジャパンカップでも優勝すると見ています。

アーモンドアイにも十分に可能性があり、やはり牝馬が有利と見ます

 

いずれにせよ、3強の戦いを前にどんなレースになるのかとても楽しみですね。

 

 

アーモンドアイにとっては、このジャパンカップがラストランになります

着順関係なく、引退前のラストランでどんな走る雄姿を見せてくれるのかにも注目ですね。

 

出走予定の15頭の競走馬たちの熱いレースを、しっかりと見届けたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました