iPhoneの顔認証Face IDがマスク姿に反応しない時の3つの簡単対策

ホームに立つマスク姿の女性PC・スマホ

アップルのiPhoneⅩ(アイフォン10)からは、指紋認証にかわって顔認証システム「Face IDが新機能として加わりました。

 

顔認証機能「Face ID」は、あらかじめ自分の顔をスマホに登録しておけば、画面を見るだけでiPhoneをロック解除できます。

これまでのパスコード入力やTouch IDのような指で操作する手間が省けるのがとても便利なので、Face IDを使っている人は多いでしょう

 

コンビニでのキャッシュレス支払いなど、サッと取り出してすぐにロック解除したいときには特に重宝しますね。

しかも、夜や暗い場所でも使えるし、帽子やメガネをつけていたりヒゲをはやしたりしても認識してくれるのも嬉しいです。

 

 

しかし、マスクをつけていると顔を認証してくれず、鍵マークが開かずにロック解除ができないのが不便だという声がたくさんあります

そのため、マスクをして外出しているときは、パスコードを入力しないといけなくて面倒と思ったことも多いでしょう。

 

コンビニのレジ前で画面をいくら見てもFace IDが反応しないままで、結局はマスクをはずしたりパスコードを入力したりした。

その間、ムダに時間を使って後ろに並んでいる人をイライラさせてしまった・・・

 

こんな嫌な経験は避けたいですよね。

 

そこで、あなたがマスクをしたままでも、iPhoneの顔認証機能「Face ID」があなたの顔を認識してロック解除してくれるようになる簡単な方法を3つまとめます。

新型コロナウイルスなどの感染症や花粉症の対策のためにマスクを着けて外出するときや、自宅で風邪をひいてマスクをつけっぱなしのときなど、いろんな状況で使えて便利ですよ。

 

スポンサーリンク

iPhone Ⅹの顔認証Face IDはマスク姿を登録できないのが不便

iPhone Ⅹの顔認証Face IDは、マスクを着けていると認証エラーになってしまってロック解除ができません。

 

でも、Face IDには2つの容姿を登録することができます。

それなら、マスクをつけている顔とつけていない顔の2つを登録すればいいんじゃ・・・

 

あなたはこう考えたかもしれませんが、残念ながらこの方法は無理です。

 

iPhoneの顔認証Face IDで顔を登録するときは、マスクを着けていると設定できないんです

マスクをしたまま顔を登録しようとしても、「顔の認識が妨げられています」とエラーが出て、顔を覆い隠しているものを取り除くように指示の文章が出てきてしまいます。

 

ですから、マスク姿の顔をそもそも登録できないし、マスクをつけているといざ顔認証したいときにエラーとなってしまって不便なんですね。

 

しかも、顔認証に5回失敗したらパスコードを入力しないといけなくなります

認証エラーになるのは不便になるだけです。

 

iPhone 11 Pro MaxのiOSからは顔認証でマスク姿を学習する?

顔認証のFace IDは、iPhone 11にも搭載されている機能です。

実は、「iPhoneのiOS13.3.1以降では、マスク着用時のロック解除に成功した」という声がネットに上がっています。

 

なんでも、iOS13.3.1以降ではマスクの顔の認証エラーを繰り返すうちに、マスク姿を学習してくれてロック解除ができるようになったとのことです

 

ただし、学習によってマスクしたままでも解除できる事例は、すべての人に当てはまるわけではありません。

学習があるからと言っても、必ず認証してくれるようになる保証はありません

 

そのため、学習でマスクの顔をそのうち認識してくれるようになる期待はしない方がいいでしょう。

 

iPhoneのスマホの顔認証でマスク姿でも開く3つの方法

マスクをつけた顔を登録するのは無理。

スマホの学習でマスク姿の顔を認証してくれるようになるのを期待するのも現実的ではない。

 

では、マスクしたままでiPhoneの顔認証システムで開くようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

簡単な対策方法を3つまとめます。

 

①鼻の頭が見えるまでマスクをずらしてからスマホに顔認証させる

iPhoneのスマホに顔認証させるときに、マスクをはずしたりあごの位置までずらしたりして、それがめんどくさいと思っていませんか?

 

実は、マスクをちょっとだけ下にずらして鼻を出すだけで認識してくれるようになることが多いんです

 

鼻は人間の顔を形成するのに重要な部分であり、自分の「自」という漢字は鼻の形から作られたくらいなんです。

自分のことを示すときに鼻を指さすのも、鼻が個人個人の顔の重要な部分だからです。

 

iPhoneの顔認証「Face ID」では、「TrueDepth(トゥルーデプス)カメラシステム」が顔の立体的な形を判断することで認証しています。

鼻の周辺の凹凸部分をはじめとする顔の形状を立体的に認識して登録することで、本人の顔か他人の顔かを識別する仕組みなんです

 

そこで、マスクから鼻を出して見せるだけでも認証エラーにならずにロック解除できることが多いです。

今までマスクをいちいち外していたり、あごまでマスクを下げて顔認証をしていたのなら、これだけでもかなりの手間が省けて便利になりますよ。

 

②マスクをずらして鼻を出した顔もFace IDに登録しておく

マスクから鼻を出すだけでもFace IDでロック解除しやすくなります。

ただ、それでもマスクを全くつけていない顔のときと比較して100%とは断言できないです。

 

もし、鼻を出しているのにときどき認証エラーになることがあるのなら、鼻を出した状態の顔も設定の「もうひとつの容姿をセットアップする」から登録しておきましょう

 

マスクで鼻を隠した状態にしていると、「顔の認識が妨げられています」とエラーになります。

でも、鼻を見せてさえいれば口をマスクで隠していたとしても登録できるんですよ。

 

マスクで口だけ隠した顔も「もうひとつの容姿」として登録しておくことで、マスクから鼻を出したときに認証してくれるようになります。

鼻を出してマスクしている顔が登録されているから当然ですね。

 

これで、マスクを少しずらすだけで顔認証でのロック解除がとてもスムーズにできるようになりますよ。

 

③マスクを半分に折って顔につけた姿を左右2パターン登録する

マスクから鼻を出すだけで顔認証できるとはいえ、少しはマスクをずらす手間がかかります。

しかも、鼻を出すためにマスクを下にずらすにはマスクの表面を指でつかまなくてはいけません。

 

マスク表面にはウイルスや花粉が付着しているので、できればストラップを持ってマスクを外すまでマスク表面には触りたくないというケースもあるでしょう。

そこで、一番おすすめしたい方法が「マスクを半分だけにして顔につけた顔を左右で登録する方法」です

 

この方法だと、一度登録しておけばマスクを触って動かす必要が一切なくなりますよ

 

手順は以下になります。

 

1.マスクを半分に折る(できれば新品の立体マスクが望ましい)

2.半分に折ったマスクのストラップを片側の耳にかける

3.マスクが顔からずれないように端っこの部分を指で押さえる

4.片側にだけマスクがある状態の顔を登録する

5.登録したらマスクを反対側の耳にかけ、同じようにマスクの端を指で軽く押さえる

6.設定の「もうひとつの容姿をセットアップ」から、マスク半分の顔を登録する

 

 

簡単に言うと、半分にしたマスクを顔の左右それぞれにつけた状態を登録しておくわけです

これだけで、マスクをしていない顔もマスクをして鼻が隠れた顔も認識してくれるようになります。

 

マスクを動かす手間が一切なく、スムーズに顔認証できるようになってストレスフリーになりますよ。

 

登録の時に使うマスクは、なるべく新品のものを使ってください。

また、ひだがついた不織布のマスクより、表面に凹凸や折り目のない立体的マスクの方がエラーになりにくくなります

 

あと、登録時は鼻を隠し過ぎずに、鼻先や唇の真ん中の部分にマスクを折った折り目が来るようにしましょう。

顔の半分以上をマスクが隠してしまった状態を登録すると、認証エラーとなって開くことができない例があるようです。

 

マスクしてても顔認証できるとどうしてもセキュリティは下がる

マスクをしててもiPhoneの顔認証ができるのは、とても便利ですよね。

 

ただし、便利になる一方でデメリットもあります。

マスク姿の顔でも認証して、スマホのロック解除ができるようになるということは、それだけセキュリティが低くなってしまっていることになります。

 

顔認証でも指紋認証でもパスコード入力でも、本来の目的は他人に勝手にスマホを使わせないようにするためです

 

スマホから個人情報を抜き取られたり、キャッシュレス決済でお金を使われないようにしたり、あなたの安全や財産を守るためのものです。

そのセキュリティの1つである顔認証が、マスクをつけていても大丈夫になっているのは、安全性が完璧とは言えなくなっている状態であることは否定できません。

 

もし、あなたがマスクをつけなくてもいいようになったのなら、Face IDの設定でリセット(初期化)して、何もつけていない顔を登録し直しましょう

利便性を高くすることは便利なことではありますが、安全性を低くすることにつながってしまうかもしれないことは頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

スポンサーリンク

顔認証と指紋認証のどっちかを選べるようになるのが理想

iPhoneの顔認証機能「Face ID」で、マスクしたまま解除する方法についてまとめました。

 

①鼻の頭が見えるまでマスクをずらしてからスマホに顔認証させる

②マスクをずらして鼻を出した顔もFace IDに登録しておく

③マスクを半分に折って顔につけた姿を左右2パターン登録する

 

 

マスクをつけたままでもスマホの顔認証ができる便利な方法があるとはいえ、セキュリティが少し下がってしまうデメリットがあります。

また、指紋認証とは違って顔認証させるときにスマホ画面を見る必要があるのは変わりません。

 

マスクしたままでも顔認証できる裏技があっても、不便に感じるときはやっぱりあります。

実際、指紋認証のほうがいいというユーザーの声があるのも事実です。

 

 

iPhone ⅩやiPhone 11では従来の指紋認証がなくなり、顔認証とパスコード入力でのロック解除になりましたが、今後の機種には指紋認証と顔認証の両方を搭載してほしいですね

指紋認証と顔認証のどっちにもメリットとデメリットがありますし、どちらかを選べるようになるのが理想です。

 

ユーザーにとって使う機能の選択肢が多くなるのはありがたいことですし、状況によって機能を使い分けられればとても便利になります。

それこそ、マスクをよくつけている時期には指紋認証に切り替えることだってできるわけです。

 

マスクしたまま顔認証できる裏技を紹介しましたが、顔認証だけでなく指紋認証や他の認証システムも一緒にスマホにつけてほしいと強く願います。

 

タイトルとURLをコピーしました