Gotoトラベルキャンペーン東京除外の問題!周辺地域にも危険が?

東京スカイツリーニュース

2020年7月22日から、「Gotoトラベルキャンペーン」が始まります。

 

政府の「Gotoキャンペーン事業」の1つで、日本居住者の国内旅行での費用の半分が国から補助される仕組みです。

半分の金額で旅行ができるところが、とても大きな魅力ですね。

 

しかし、キャンペーンが始まるまで1週間もない7月16日になって、東京を除外することが赤羽一嘉国土交通大臣より発表されて混乱と不満を招いています

東京都を除外することで、新たな問題が発生しないか不安ですよね。

 

新型コロナウイルスの感染者の増加を受けての東京除外ですが、この発表によって東京都だけでなく他の地域にまで心配の声が多くあがっています。

 

Gotoトラベルキャンペーンで東京都が除外されたことで、他県にまでリスクや心配が出てくる理由についてまとめます。

 

スポンサーリンク

Gotoトラベルキャンペーンとはコロナ禍の経済政策の1つ

Gotoトラベルキャンペーンは、簡単に言うとみんなに旅行をしてもらって少しでもお金を使ってもらうための政策です。

 

新型コロナウイルスの影響で大打撃を受けた観光業や飲食業などにお金を回すため、そして旅行で地域活性化を狙った「Go To キャンペーン事業」の1つになります。

 

「GoToキャンペーン事業」の4つは以下になります。

  • Go To Travel キャンペーン
  • Go To Eat キャンペーン
  • Go To Event キャンペーン
  • Go To 商店街 キャンペーン

トラベルキャンペーンは、旅行にかかる宿泊費用を支援することで「お得だから旅行をしよう!」と思ってもらうのが狙いです。

旅行をする人を増やすことでお金を回し、経済の活性化を図っています。

 

Gotoトラベルキャンペーンの具体的な支援の内容は以下になります。

  • キャンペーン期間中に始まる旅行の予約の費用の半分を支援する
  • 支援額の上限は1泊1人あたり最大2万円で、日帰りでは最大1万円
  • 支援方法は、補助金額の7割が割引で3割が地域共通クーポンの付与
  • 宿泊料金だけでなく、交通費も対象(夜行バスは除く)
  • 旅行の予約を個別で手配する場合は、宿泊料金のみ対象(交通費は対象外)

つまり、キャンペーンの最大の恩恵を受けるには、1人あたり1泊4万円(日帰りは2万円)の旅費にして、きちんと旅行会社を使って予約することですね。

ちなみに、7月22日以降から始まる旅行が対象なので、たとえば7月21日から7月23日までの旅行などは対象外です。

 

Gotoキャンペーンの期間がいつからいつまでかというと、開始日は2020年7月22日からと発表されていますが終了日は未定です

2021年3月までと言われていますが、東京除外の発表が急に来たことを考えると、いつまでになるかも急に変更されるかもしれませんね。

 

開始6日前に東京発着と若者・高齢者の団体旅行の除外を発表

Gotoトラベルキャンペーンが始まる6日前の7月16日に、赤羽一嘉国土交通大臣から東京都を除外するという内容の変更がいきなり発表されました。

 

東京都でのコロナ感染者の増加を受けて、東京都に行くだけでなく東京都から行く旅行の両方をキャンペーンから除外するとのことです

 

さらに、若者と高齢者のみの団体客も対象外とのことです

感染者が増えてきている若い年齢層の人と、重症化しやすい高齢者には旅行は控えてほしいということでしょうね。

 

この突然の方針転換に、困惑の声があちこちからあがっています。

なぜ、こんな直前の決定をしなければならなかったのでしょうか?

 

延期しなかった理由は、連休や夏休み開始の時期を外せなかったから?

東京都を除外してまで決行せずに、全国一律でキャンペーンを実行できるまで延期する手もあったと思います。

 

時期としては、4連休ひいては学校の夏休みで旅行計画が多くなる日に始めることは外せなかったんでしょうか

たしかに、旅行をする人が少ない時期にトラベルキャンペーンをしても意味がないかもしれませんが・・・

 

コロナ感染の状況を見て、今後に東京都の除外を解除するとの方針ですが、その時期も全くの未定です。

 

不公平?線引きがあいまいで、予約済みのキャンセル料の補償も一切なし?

東京の発着の旅行が除外になったことや、若者や高齢者の団体も除外になりました。

この除外の線引きに「不公平ではないか」という声も多くあがっています。

 

若者の団体はダメでも修学旅行はよいなど(引率の先生がいるからかもしれませんが)、線引きがあいまいでそこにも不満の声が出ています

 

さらに、なぜ東京だけが除外されるのかという点にも「不公平だ」という声です。

Gotoキャンペーンによる費用の支援予算は税金から出ているわけで、東京都の人たちが税金の恩恵を受けられないのは不公平に感じるのは当然ですね。

 

東京を除外するのなら、ほかの大都市の大阪や名古屋や福岡や仙台なども除外すべきではないかとの声もあります。

 

 

いま、東京都内のホテルや旅館などの観光業者は悲鳴をあげている状況です

 

東京都民が他県へ旅行するのに不都合なだけでなく、東京都内で観光業を営んでいる人たちにとっては死活問題です。

しかも、キャンペーン開始の直前での発表だからなおさらですね。

 

~追記~

キャンセル料の補償をする方針を政府が発表しました。

対象は、キャンペーン開始日が公表された7月10日から東京の対象外を表明した17日までの間に旅行を予約したケースです。

 

スポンサーリンク

東京除外でのGotoキャンペーンには、他県へのリスクや心配も?

東京を除外することになり、心配されるのは東京都だけではありません。

 

実は、東京以外の他県へのリスクや心配の声も出ているんです

東京都以外の道府県への影響は、たとえばどんなものがあるのでしょうか。

 

東京からのキャンセル殺到で地方の観光業にも大きな痛手

東京発の旅行がキャンペーン対象外になったことで、東京からのツアーのキャンセルが相次いでいます。

当初は全国一律で始める予定だったGotoトラベルキャン状態ペーンが、ここにきて東京都民の旅行が全て対象外となったためです。

 

地方都市にしてみれば、東京からの大勢の観光客による収入の見込みがなくなってしまったことになります

 

観光業への痛手は、東京都内だけではないんです。

もちろん、東京以外からの観光客は来るでしょうけど、このキャンペーン開始直前の時期に東京からの観光客が見込めなくなってしまったのは痛いですね。

 

東京都の周辺の県や地域に、抜け穴を使う人が集中するリスクが心配

東京発着の旅行が除外となり、東京都内から出発するツアー旅行は、旅行者が東京都民でなくてもキャンペーン対象外となってしまいました。

 

そのため、都民以外のたとえば神奈川県民や埼玉県民の人が旅行をする場合、ツアー旅行会社はお客を呼ぶためにどうするでしょうか?

当然、旅行をキャンペーン対象にするために、旅行の出発地を都内以外の地域にするはずですよね

 

となると、首都圏からの出発地は東京都内ではなく、周辺の地域で大きい都市の横浜などを出発地にするケースが増えます。

特に、新幹線の停車駅である新横浜駅や大宮駅の利用客が増えることが考えられます

 

また、飛行機の場合でも都内の羽田空港ではなく千葉県の成田空港に集中してしまうリスクも

人が集中してしまうことで、三密となって感染リスクの危険が心配です。

 

神奈川県や埼玉県ではコロナ新規感染者も増えてきている時期でもあり、特に神奈川県では感染の再拡大を警戒する「神奈川警戒アラート」が17日に発令されています。

東京の周辺の地域では、感染拡大に対して心配が大きいんです。

 

キャンペーンで感染拡大などの問題が起こらないことを祈るのみ

「Gotoキャンペーン事業」の1つ「Gotoトラベルキャンペーン」が東京除外となったことへの問題点や心配点をまとめました。

  • 東京都民の旅行は対象外で、他県の人でも東京発や東京着の旅行も対象外
  • 若者や高齢者のみでの団体旅行は対象外(修学旅行や社員旅行などは対象)
  • 東京除外で都内への観光客はもちろん、東京から地方への観光客も激減する
  • 東京周辺から出発のツアー旅行が増えることで、周辺地域の感染リスクが心配

 

Gotoトラベルキャンペーンの東京除外の発表で、不公平に対する不満の声や感染リスクを心配する声がたくさん出ています。

 

まずは、感染がこれ以上は広がってほしくないというのが第一です

 

経済と感染拡大防止とのジレンマによる苦肉の策で出した結論が、「東京除外でのキャンペーン決行」だったのでしょう。

 

しかし、これであきらかな感染拡大の結果になったら、さらに経済活動の損失になってしまうリスクもあります。

なにより、人の健康や命がかかってくる問題です

 

どうか、Gotoキャンペーンが「感染拡大の原因になっただけだった」とならないように祈るばかりです。

そして、旅行する人はマスク着用で三密を避けるなどして、感染予防に努めてほしいと願います。

 

タイトルとURLをコピーしました